> 仕事 > すぐに実行できる。自信を育てる10項目

すぐに実行できる。自信を育てる10項目

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.01

成功を収めるためには何をするべきなのでしょうか?成功にたどり着くための方法は一つではありませんが、「自信を持つ」という姿勢は不可欠でしょう。

一説によると上手くいかない原因の75%は「自信の欠如」にあるそうです。ここでは自信を育てるために不可欠な6項目の考え方を紹介していきます。

自信を育てる6項目

①成功するイメージを持つ。具体的にどのような自分になってどのような成功を収めたいのかをイメージしましょう。

②ポジティブな言葉を口にする。人は言葉によって感情を刺激されるので、前向きな言葉を口にすることによって、前向きな気持ちが作られます。

③困難を小さく評価する。困難を大きく評価すると、ささいな問題でも大トラブルに感じられ身動きがとれなくなります。どんなトラブルでも「大したことはない」と評価するようにしましょう。

④他人をむやみにまねしない。人の良いところをまねることは重要ですが、むやみにまねをすると主体性がなくなってしまいます。

⑤失敗した時には助言してもらう。生きている以上は失敗は避けられないでしょう。失敗した時に反省することは大事ですが、自分の考える失敗原因と他人から見える失敗の原因は違うものです。しっかりと失敗の原因を見つめて成長するためには他人からのアドバイスを受け入れましょう。

⑥自分の実力を1割り増しで考える。良いパフォーマンスを発揮するためには自信は欠かせません。そこで実力を発揮する必要がある会議や交渉に臨む時には「今日の自分はいつもより1割り増しで実力が発揮できる」と自己暗示をかけましょう。1割であれば現実的な数字なので本当にアップできるような気分になり、自信がついてきます。

自信を育てる上記の6項目を参考にして、日常生活に取り入れてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加