> 仕事 > ビジネスマンが年収をアップさせるためにやるべき5つの事

ビジネスマンが年収をアップさせるためにやるべき5つの事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.17

もし、いまの年収に満足していないのなら、何かしら対策をしているでしょうか?「全然、給料があがらない」と文句を言うだけで何の努力もしていないのなら、年収が上がることは永久にありません。

むしろ、下がってしまったり、最悪の場合は会社をクビになってしまうかもしれません。そこで、年収を上げるためにしたい5つの事を紹介します。

1.会社員でもフリーランスや経営者の考え方をする

特に営業マンの人は、この考え方を持った方がいいでしょう。あくまで「会社単位で仕事をしている」のではなく、「自分自身を売り込む」という考え方です。会社同士で仕事をするのは当たり前ですが、今後は個人の力が物を言う時代になっていきます。

そこで、「この仕事は誰々さんに!」の「誰々さん」を目指しましょう。また、フリーランスで仕事をしている人の多くは一件の契約ごとで仕事をしている事が多いです。

さらに、経営者のように契約更新をただ待っているのではなく、自分から働きかけたり、一つの取引先に固執するのではなく、多数の会社と良好な関係を築くようにしましょう。そうすれば、上司からの評価もあがり、年収アップのチャンスになるかもしれません。

2.挑戦し続ける

挑戦を続けましょう。挑戦なくして、成功はありません。もし、あなたが営業マンだったとして、新しい仕事を取ってこないといずれは会社を追い出されるでしょう。

制作やデスクワーク、事務作業をしている人も一定の成果や効率的な仕事をしていないと真っ先に切られてしまいます。ですが、挑戦し続けて一定以上の成果を出せば、いい役職につけるでしょうし、年収も確実にアップします。

3.努力し続ける

努力をしていきましょう。自身のスキルアップは、そのまま「いい仕事」の獲得に繋がったりします。週末や夜間の勉強会に出席したり、「資格手当」のような賞与やキャリアアップにつながる資格の勉強をして取得をしてみましょう。

もしくは、自社が扱っている商品に関連しそうな資格を持っていたら、取引先から信頼を得るかもしれません。デスクワークの人は仕事が効率的にこなせるような仕事術や生産性アップの方法などをビジネス書を読んだり、ネットで調べたりして試してみるといいでしょう。

4.危機感を持つ

もし、あなたの取引先の会社が同じような業界に向けて仕事をしているとしたら、危険かもしれません。いまの時代、業界ごと破綻するという事も十分考えられます。

そこで、いままで会社が取引したことのない業界と仕事をしたりして、新しい分野の開拓をしましょう。きっと、あなたの評価も上がるはずです。

5.ネットのアフィリエイトで稼ぐ

どうしても、自分の仕事で年収のアップが当分望めないのなら、ネットのアフィリエイトで稼ぐことを考えてみてはいかかがでしょう。ブログやWebサイトを自分でつくって、広告を貼ります。読者やユーザーがその広告をクリックしたり商品を購入したら、一定の収入を得ることが出来ます。

ただ、ネットのアフィリエイト広告は収入の単価が少ないので、ブログやサイトに相当数の集客をする必要があります。なので、短期で収益化するのは難しいので、長い目で見る必要があります。また、会社から副業を禁止されていたら避けた方がいいかもしれません。

年収アップは地道にやるしかない

どうしても、すぐさま年収をアップさせたいのなら今より条件のいい会社に転職する必要があります。そういった、リスクを覚悟できないのなら地道にやっていきましょう。ですが、地道にやってきたことは、あなたを裏切ることは決してありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加