> 雑学 > どっちがいい?波乱万丈な人生と平凡だけど浮き沈みのない人生

どっちがいい?波乱万丈な人生と平凡だけど浮き沈みのない人生

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.24

どちらを望むによって人生が変わる?

映画やテレビを観るぶんには波乱万丈のほうが面白いけど、自分の人生は波風立たないで安定を望むという人もいれば、映画やテレビのようにドラマチックでハラハラドキドキの人生を自分も送ってみたい!という人もいるでしょう。どちらを望むかによっても、その後の人生が大きく変わる場合があります。

安定が望みだという人は、波乱の予感がきたら身構えて防御するでしょう。しかし、波乱万丈を望んでいるという人は、防御よりもそれに飛び込んでいってしまう可能性が高いからです。普段からの心構えからして、安定を望む人とそうじゃない人とは違ったりします。

安定を望む人であっても、人生には何が起こるかわからないですので用心は怠らないという人が多いでしょう。しかし、波乱万丈を望む人というのは、甘い誘惑にも来た来た~っ!といって自ら乗っかっていく傾向があります。ま、本人が望むことですからね。

どちらを望んだほうがいいのか?

ところが、両者のどちらが正解か?という問いにハッキリとした答えはありません。安定を望んで上手く手に入れたにも関わらず、後からそれを後悔する人もいますし、波乱万丈な人生を望んでそのような結果を得たとしても、やっぱり安定がよかったよと思う人もいたりします。

まずは、何かに影響されて自分が望んでいるのか?それとも本当に心から自分でそう望んでいるのか?ということを確かめてみたほうがよいでしょう。周りの人達もそう望んでいるからとか、あの人の人生に憧れているという理由だけですと、本当の自分の心が違った場合にやり直しがきかないこともあるからです。

独立した友人に憧れるというのはよくきく話ですが、憧れだけでやって上手くいくほど渡りやすい世の中ではないのはご存知かと思います。スイスイ上手くいっているように見えている人であっても、人知れぬ苦労というものがあったりします。本当にシャレにならない波乱万丈もありますし。

また、本当にスイスイと上手くやっている人がいたとしても、その先にそれがネックとなってつまづいてしまうという事もよくある話です。かといって、やっぱり安定が一番!と思ってその通りに上手くいったとしても、安心しきってつい魔がさして全てがパーになったという話は、よく新聞やテレビのニュースで見かけるかと思います。

これだけは覚えておこう!

平凡で浮き沈みのない人生が本当の自分の望みだ!という人もいれば、やはりどうしても波乱万丈な人生を生きてみたい!という人もいるでしょう。その場合には、人生は自己責任という事と、命あっての物種だという事を忘れないようにしましょう。

ちなみに、私の場合は特に波乱万丈な人生は望んでいなかったのですが、けっこう波乱万丈な人生になってしまいました。しかし、こうやってまだ生きていますし、それだけ感動も多かったという事もありましたので、まっいいかなと思う今日この頃です。こりゃ書けないな!と思う話もかなり多いのですが・・・

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加