> 雑学 > カレーを食べる時の話のタネに!カレーについてのあれこれ

カレーを食べる時の話のタネに!カレーについてのあれこれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.01

みなさんは、カレーを良く食べますか?今日は、カレーの雑学について特集いたします!!

1.そもそもインドには「カレー」はなかった

カレー…英語では「curry」ですが、実は、インドではカレーという言葉は存在していなかったそうです。実際に、現地では、「キーマ マタール」といった名前で、カレーという言葉を使いません。

ちなみに、カレーの語源も諸説あるそうで、タミル語で「ご飯にかけるもの」という意味から来た、ヒンディー語で「香りの高いもの」という意味から来たなど、様々な説がありますが、良くわかっていないみたいです。

2.イギリス

そんなカレーですが、イギリス経由で日本に入ってきたことは、みなさんご存知だと思います。文明開化とともに、西洋文化の1つとしてカレーは日本に輸入されました。

そんなカレーのイギリスでの人気は現在でも健在で、イギリス人は月に1-2回程度はカレーを食べるそうです。また、店舗も8000店を超えるそうです。

なお、日本人の場合は、とある食品会社の調べによりますと、年に78回程度、週に1回以上はカレーを食べているとのことです。

また、イギリスでは、「チキンティッカマサラ」が、フィッシュ&チップスなどのイギリスの伝統の食べ物を抜き去り、イギリス国民食と認識されたりもしています。

さらに面白いことにイギリスではアフリカ系のカレーや中華風のカレーといったものもあるそうです。一度食べてみたいですねー。

3.日本

さて次は、日本のカレー事情のあれこれについて見ていきましょー。まず、カレーが、インド・パキスタンの料理であり、イギリスを経由して明治時代に日本に輸入されたものであるというこはみなさんご存知だと思います。

実は、これが原因であのとろみの付いたカレーになったという説があるのです。もともとカレーは、水っぽいものだったのですが、イギリス海軍では、揺れに対応するために、小麦粉でとろみをつけたという説があるのです。

他にも、フランス料理の技法をカレーソースに使ったという説もあります。いずれにしろ、日本風カレーにとろみがあるのはイギリスが原因であったようです。

4.一晩寝かせる

美味しいカレーの秘訣と言えば、“一晩寝かせる”というものでしょう。これは、多くの家庭で行われていることだと思います。では、なぜ一晩寝かせるとカレーは美味しくなるのでしょうか。

その理由は、複数あると言われています。まず、具材のもつうまみや甘味がソースにとけだし、ソースにコクが増します。コクという概念は、今日の科学力でもなかなか解明できていない分野なのですが、同じ成分が入っていても、その成分同士の状態等によって深さが全く変わってくるようです。

また、温度が上がったり下がったりする際に、具材にスープが良くしみこみ、具材の美味さも引き立つと言われています。

さらに、スパイスの風味も、加熱されることで収まり、日本人が苦手な刺激臭が和らぐという点でも美味しくなると言われています。もっとも、注意してほしい点が2点あります。

まず、カレーは常温で寝かせるとウェルシュ菌が繁殖し、食中毒の原因になるということです。このウェルシュ菌、熱に強く、100度で逆に活性化するそうです。

また、通常の菌が活動できない酸素がないところで繁殖するそうで、カレーの中などは、彼らにとって最高の環境だといえるでしょう。ですから、必ず、小分けして冷蔵庫に保存するようにしてください。こうすることで、食中毒になる危険性が減ります。

また、寝かすのは、日本風カレーだけにしておいた方がよさそうです。香りが命のインドカレーを一晩寝かしてしまうと、せっかくの香りが一気に飛んでしまうからです。

5.食べ終わった後のカレー

さあ最後に、食べ終わってお鍋にこびりついたカレーを使ったスープの作り方について説明させていただきます。このスープの長所は、こびりついたカレールウをスープとして飲むことで、洗い物の負担が減ることです。

洗い物をしたことがある男性であればわかると思いますが、カレールウのついた食器を洗うのは、スポンジが汚れまくるなど、結構大変です。

また、味付けもコンソメやだしなどをちゃんと入れれば、大抵大丈夫です。場合によっては、入れなくとも大丈夫な場合もありますが、味を見ながら作ってみてください。

作り方は、今までカレーを入れていたお鍋でスープを作れば、カレーの風味が付きます。例えば、牛乳と少量のコンソメ、塩コショウで味付けをすれば、ミルクカレースープの出来上がりです。

具が欲しければ、キャベツや、ニンジンなどを入れてもいいです。それ以外でも、カレーはトマトと相性がいいので、カレー鍋でトマトスープを作るのもいいです。

和風のだしとカレーというのも、悪くはありません。さあ、これで皆さんも、また新たな気持ちでカレーを食べられると思います。ぜひ、楽しんでカレーを食べてみてください!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加