> 雑学 > 携帯キャリアはどこがいいのか!?キャリア別メリットデメリット!!

携帯キャリアはどこがいいのか!?キャリア別メリットデメリット!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.21

現在、携帯キャリアは4社あります。ん?3社じゃないの?と思ったあなた!そうなのです。実は4社なのです!もちろんみなさんご存じのDocomo、Softbank、auの他にもう一社あります。WILLCOMだと思ったあなた!!!残念!!WILLCOMは携帯キャリアではなくPHSです。その名もEMOBILE!!データカードのCMでおなじみかと思います。この4社を徹底比較したいと思います!

やはり盤石!!Docomo!!

この度iPhoneも発売となったDocomo。やはり全体として安定しております。一番のメリットは機種の多様さと電波環境のよさ。特に電波に関しては一番と評判です。意外と知られてない利点ですがショップやカスタマーセンターの社員教育も一番熱心にしておりクオリティとしては全キャリア中一位ではないかと思います。電波が悪いと相談したらすぐに電波塔を立ててくれるという噂が立つほどです。

また、次世代通信規格の「Xi(クロッシィ)」になってからの料金プランではついにDocomo同士の24時間無料のサービスが始まっておりますので掛ける相手がDocomoであれば通話料も抑えることができます。しかし通信料を考えると他キャリアと比べ若干料金が高いかもしれません。

今まではiPhoneがなかったという理由で多くの顧客が転出してしまっておりましたが今回iPhone発売にて巻き返しております。しかしながらはやりユーザー数が多くサーバーがパンク状態になり通信速度が遅くなることもしばしば・・・。

その他オプションも充実しているため迷ったらDocomoと考える方も多いはず。安定が売りのDocomoでしょう。

バランスが命!!au!!

私も10年以上愛用しているau!やはり魅力は料金の安さでしょう。電波状況もまずまずですしau同士無料のサービスももちろんございます。固定回線とセットにすることでさらに料金を下げることが可能!!またソフトバンクに比べユーザー数の関係かスマートフォンの通信速度が早いとの噂です。

しかし残念なのがLTEプラン・・・。誰でも割に時間制限ができてしまいました。午前1時~午後9時までau同士が無料とのことで24時間無料のDocomoに後れを取ってしまっております。しかし全体的に通話料を比べてみると使い方によってはまだまだDocomoよりは安いようです。

電波状況はDocomoに劣るイメージではありますがその分料金も安くバランスが一番よいです。自宅に固定回線をひいているということであればすべてをauに乗り換えればきっと料金も安くなるでしょう。

近年の伸びが素晴らしい!!Softbank!!

CMでもやっていますがここ近年つながりやすさが格段に変わりました。以前は通話が途切れる、電波が入らないと評判があまりよくなかったのですが現在はそんなこともありません。しかし、他キャリアに比べてまだまだなところがあるのは確かです・・・。

全体的の通話料は安めで他のキャリアよりもたっぷり話ができるプランが多いです。Softbankの代名詞でもあるホワイトプランはauと同様に午前1時~午後9時までSoftbank同士が無料。時間制限はありますが同キャリア同士無料の元祖です。残念なところはカスタマーやショップ対応のサービスの低さが目立ちます。特にカスタマー対応は残念です・・・・。

iPhoneを最初に発売したこともありiPhoneのサポートはしっかりしております。そのためiPhoneを使うのであればSoftbankがいいでしょう!

これからに期待!!EMOBILE!!

一番弱小キャリアであるEMOBILE。しかしながら利点はあります!まずはユーザー数がかなり少ないためサーバーに余裕があります。スマートフォンが普及したことによりデータ通信量が一気に上がっている近年こればありがたいです。しかし、エリアはまだまだなところがあるため少し郊外に住んでいる方は要注意です。

データ通信料、通話料ともに他キャリアに比べだいぶ安いです。特筆すべきは通話料!!携帯キャリアで唯一「300回以内かつ10分以内の通話」であれば無料というサービスを行っています。しかもWILLCOMよりも安い!!仕事で使う場合などにはかなり便利です。

しかしやはり弱小という部分も多いです。まず直営店の少なさ。地方にはほとんどありません。またカスタマーセンターも含め他キャリアに比べサービスの悪さが目立ちます。

料金の安さもあるため通話専用の携帯などサブとしてであればお勧めです。メインにするのは少し心もとない感じがいなめません。

最後に・・・・

どのキャリアも一長一短。どのキャリアにするかは難しいとは思いますので少しでも目安にしていただければと思います。現状どのキャリアでも他キャリアからの番号そのままでの転入には何かしらの特権が付きますので機種変更を検討しているのであれば思い切ってキャリアを変えるというのも一つの手段です。

携帯電話は安い買い物ではないのでよ~く考えてから契約してくださいね!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加