> 大人 > 夜が楽しみになる。スナックの女の子にモテる3つの秘訣を大公開!

夜が楽しみになる。スナックの女の子にモテる3つの秘訣を大公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.05

同僚との飲み会が終わって良い気分になったら、「キャバクラでもう一軒!」というのがお決まりのコースかもしれませんが、もっと女の子を交えてリーズナブルに楽しむ方法があります。

それはスナックで2次会を開くというもの。「スナックなんてオッサンの行くところだろう」と言う事なかれ、スナックにだってキャバクラ並みのサービスはありませんが、可愛い女の子が沢山居て十分に楽しむ事ができるのです。

ただしスナックでは必ず女の子が隣に付いてくれるわけではありませんから、スナックで楽しく飲む為には「スナックでモテる秘訣」をマスターしておく必要があります。今回は皆さんにスナックで楽しんで頂くための、モテる男になる為のテクニックをご紹介したいと思います。

年齢を聞かない

スナックにも若い女の子は沢山いますが、やはりキャバクラに比べると年齢層は若干高め。びっくりするような若い女の子がいる店も多いですが、人数はそれほど多くなくて若い子は争奪戦になる事もしばしばです。

でも、ちょっと年齢が行っている女性でも可愛らしい女の子は沢山いますから、となりに付いた女の子にはなるべく年齢は聞かないようにするのがスナックのマナーです。

30前後の女の子はとても年齢の事を気にしています。初対面ですから話題がなくて、別に変な気持ちはなくてもつい年齢の事を話題にしてしまうかもしれませんが、そこは培った話術で補うようにして年齢を聞かないようにしてみましょう。

「お客さん、私の歳聞かないんだね」という風な事を女の子が言えば、その子はあなたの事が気に入っているサインです。そういう話題が出た時には、さりげなく年齢を聞くようにすると良いでしょう。

惚れこまないように制御する

スナックにも綺麗で可愛く、話も上手な女の子が沢山いますから、そこで恋心を抱いてしまう男性が多いのも事実です。

でも、そこで好意を抱き過ぎてしまうと、スナックでモテる男にはなる事ができません。スナックの女の子たちはキャバクラの女の子以上に男の本性を良く見ています。

相手も営業ですから、好意を持っているような態度を取る事もありますが、初めのうちは殆どが営業用の態度であると思っておくようにした方が良いでしょう。

ちょっと営業用の甘い態度をとられると、すぐに「相手が自分に好意がある」と思い込んでしまう男性が多いですが、それでは相手は逃げていってしまいます。

嬉しくなる気分は理解ができますが、大人のたしなみとしてクールに振る舞い、「それでも、自分の世界には入り込ませないよ」という思いを口ではなく態度に出すようにして接するようにしてみましょう。

相手は今までのお客さんとは違う反応に驚き、あなたを「ちょっとこの人は違う」という風に見るようになってきます。

そうなると次回にお店に行った時でも呼ばなくともあなたの側に付いてくれるようになりますから、そうなってから段々と女の子と打ち解けるようにするのがスナックの女の子からモテる秘訣になります。

すぐに身体を触ったりする男性もいますが、これもご法度です。触りたい気持ちはわかりますが、ある程度クールに紳士を気取って振舞っていれば相手から近づいてきてくれるようになりますから、ぐっと堪えてとにかくクールに振舞うようにしましょう。

ママさんに好かれるようにする

そして何よりも大事なのは、その店のママさんに好かれるようにする事。これが、スナックでモテる為の最大の秘訣になります。

キャバクラと違ってスナックにはママさんが必ずいます。お店で女の子をどのお客に付かせるかも全て采配をしているのがママさんですから、スナックでモテたいと思ったら、まずはこのママさんに好かれなくては勝負になりません。

ママさんに好かれると言っても、別にお店でガンガンお金を使ったりするだけが経営者であるママさんから好かれる秘訣なわけではありません。

お金をある程度使ってあげるのは当然ですが、もっと大事なのはお店の雰囲気をワイワイ楽しいものにするお手伝いを買って出てあげるという事です。

他のお客さんがカラオケで盛り上がっていれば合いの手の一つも入れてあげたり、お気に入りの女の子が別のお客さんに付いてしまってヘルプの女の子が付いてしまっても、寛大な態度で楽しく振舞ってあげたり。

その辺のコミュニケーション力などをママさんは常に観察していますから、ママさんにそのあたりの能力を認めてもらえば、「ここは勝負」という時には必ずお気に入りの女の子を付けてくれるようにもなりますし、女の子の前でもあなたの事を褒めて、あなたのポイントアップにも色々と貢献をしてくれるようにもなります。

「ママを制するものがスナックを制する」というのは少々大袈裟かも知れませんが、とにかくママさんを抑える事がスナックでモテる男になる為の必須条件である事は間違いありません。是非とも現場で実践してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加