> お金を借りる > 借金ある若者は要注意!借入審査での評価とお勧めの借入法!

借金ある若者は要注意!借入審査での評価とお勧めの借入法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.13

借金ができるかどうかというのは、言ってしまえば「審査の結果次第」というそっけない答えになりますが、審査に受かるどうかは素人でもある程度予測を立てることができます。

働いていない人が審査に受かるかどうか、たいていの人が正解を言い当てることができるでしょう。

そういうわかりやすい例ならよいですが、たとえば「借金ある若者」だったとしたらどうでしょう?借りれるか借りれないか、微妙なところだと思います。

悩んでいる人も多いのではないかと思います。借金ある若者が借りれるのかどうか、答えとお勧めの借入方法をご紹介します。

微妙なライン!借金ある若者が立っている場所とは

借りれるとも借りれないとも、なんとも言えない微妙な立場である「借金ある若者」という状況。これがどう微妙なのか、簡単にご説明しておきましょう。

借入審査を受けるとき、借金をしていること、若者であること、どちらも若干不安視されやすい条件です。借金していることは言うまでもないことかもしれませんね。すでに借金を作っているというのですから、それだけ経済力が目減りしている状態です。

借金をする上では経済力が絶対に必要だというのですから、その経済力を目減りさせる「すでに作っている借金」はマイナス条件以外の何物でもありません。

若者という立場は若干微妙なところですが、若者はまだ社会的に高い地位についていないことが多く、経済力もそれだけ低いことが多いですね。

一人立ちはしていても社会人としての経験はまだ未熟というところですから、信用力が重視される借入審査ではどうしても不利な立場にあります。

この二つが両方揃い、「借金している若者」という立場になると、マイナス条件が二つ揃うわけですから、審査の通過が怪しくなってくるというわけです。

審査結果はいかに!?

この条件で審査を受けたとすると、審査を通過してお金を借りることはできるのでしょうか?やはり微妙なところでなんとも言えないのですが、審査落ちする可能性もそれなりに視野に入れておいた方がよいかと思います。

マイナス条件一つだけ、それも「若者である」というものだけなら審査を通過できる見込みもそれなりにあるのですが、「借金までしている若者」ということになると少々厳しいと言わざるをえません。

もしこういう条件のままで借入をしたいなら、自分が審査に落ちやすくなっていることは肝に銘じておき、なるべく借りやすそうなサービスを選ぶことです。

審査の厳しい銀行のローンや、目的別のローンなどを選ぶと審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

一番可能性が高いローンはこれだ!

借金するのに不利な条件のままで借入をしたいのであれば、キャッシングがオススメです。借金ある若者にとって一番可能性が高いローンとなるでしょう。

もちろんキャッシングを選べば絶対に受かるとまではいえないものの、一番可能性が高いのは間違いなくキャッシングです。

これは審査が簡単なことが特徴のローンですから、審査が苦手な人にお勧めされることが多いのです。普段は審査に問題なかったとしても、一時的に審査が難しい状態になっているならこれを選んでみましょう。

キャッシングは銀行でも消費者金融でもだいたい用意されていますので、場所を選ばないのも嬉しい点ですよ。

ただ、銀行以外で借りるときには総量規制に気をつけましょう。自分が借りれるのは年収の三分の一までという制限があります。

すでに作っている借金でその制限額ギリギリまでいってしまっている場合、新たな借入は難しいでしょう。審査を受ける前にチェックしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加