> お金を借りる > 転職してすぐのローン申込み、気をつけたいポイント

転職してすぐのローン申込み、気をつけたいポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.01

転職した直後というのは何かと生活が落ちつかないものですね。場合によっては生活する場が大きく変わることもあり、バタバタと生活するうちにお金がなくなっていくこともよくあります。

お金がなくなったときはキャッシングが便利ですね。新生活を問題なく送っていくためにも金欠でケチケチしたくはないでしょうが、転職してすぐのローン申込みが大丈夫なのかどうか、気になる人も多いのではないでしょうか?

働いているのは大きいが…?

ローンを利用するとき、とにかく働いていることが重要だと言われます。

お金がない人が利用するサービスだからと、お金に困っている人はみんな利用を申し込みたくなると思うのですが、これはあくまで一時的にお金がなくなっている社会人用のサービス。働いている社会人でないと基本的な利用資格がないとされるのです。

という点を考えてみると、転職した直後でも働いているのは間違いありませんね。環境が大きく変わった直後だというのは大きいですが、それでも働いているのは変わりません。

むしろ変わらず働き続けるためにもローンを使いたいと思っているのですから、問題なく使えるのではないかと感じられると思います。

その点でいえばその通りなのですが、実は転職直後のローン利用は少し微妙…。審査で見られているのは働いているかということであるのはその通りなのですが、それには「勤続年数」というものがチェックされています。

長く働いている人なら「ちゃんと働いている」とみなされますが、勤続年数が短い人は「働いているのかな?」と少し不安視されるのです。

転職直後では今の勤め先の勤続年数が短いため、勤続年数のチェックでは少し不利なのがわかりますね。勤続年数も審査では大きなポイントですから、ここのスコアが低いというのはあまり楽観視できない条件です。

可能性はまったくゼロではない

ただし、まったく可能性がないとは言いません。条件によっては問題なく審査を通過できることもあるでしょう。たとえば、前職の勤続年数が長くあり、その次の職場であるのが今の勤め先であった場合です。

今の勤続年数が少ないのはやや不安な点ですが、その前の勤続年数が十分な長さであれば、基本的にちゃんと働いている人間だという証明になります。その辺りのことを考慮してお金を貸してもらえることは期待できます。

また、勤続年数はパッとしなかったとしても他の条件がその部分をカバーしてくれることもあります。たとえばすでに結婚して家庭を持っており、持ち家に住んでいるというような条件ならそう簡単に仕事を辞めたりはしないだろうと判断され、ローンを提供されることもあります。

というわけで、転職直後でもローンを諦める必要はありません。勤続年数が長いに越したことはありませんが、場合によっては短くても使える可能性はあるのです。

融通を期待するならカードローンを!

どういうローンに申し込むかという点も重要ですね。オススメはカードローンです!お金が借りられるなら何でもいいと思うならカードローンを選んでみてはどうでしょう?

カードローンは簡単に使えることが多いローンで審査もそれほど難しくありません。つまり一時的に審査に不利な条件になっている人には便利なローンになるのです。

転職直後で勤続年数が不安…!それでもローンを使いたいという人はぜひカードローンを考えてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加