> お金を借りる > 無職で借りられる金融機関、可能性が高そうな場所を検証!

無職で借りられる金融機関、可能性が高そうな場所を検証!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.05

無職という状態だとお金を借りるのに大変不利だという傾向があります。一般人の感覚から言ってもそれほどおかしな話ではありませんね。

無職の人にお金を貸すと返ってこない可能性が低くありません。貸したというより、半分あげたような形になってもよいというのでない限り、無職の人にお金を貸そうという人はいませんよね。

しかし無職はお金に困ることも多いもの。どうしても借りたいという声も少なくありません。キャッシング事情をよく眺めてみると、ここなら無職でも借りられるのでは?と思えるケースもないわけではありません。

無職で借りられる金融機関は本当にないのか、可能性が高そうな場所を検証してみましょう。

専業主婦でも借りられる!?

無職で借りられる金融機関として可能性が高そうだと思えてしまうのは、銀行ですね。なぜなら、銀行なら「ある意味無職では?」と思える人でも借りれることがあるからです。

お金を借りるときにお悩みの声がよくあがる立場の一つに、専業主婦というものがあります。金銭的な収入がゼロであることが多いというわけで、キャッシング審査では無職と同じく不利な立場であり、基本的には借りれないことがほとんどです。

無職と同じく、ほとんど可能性がないと思われる専業主婦でも、銀行を使えばなんとお金を借りられるケースがあるのです。

制限付きではありますが専業主婦でもカードローンを使えることがあり、その場合はまったく無収入である専業主婦でもいくらかのお金をキャッシングできてしまうのです。

完全無職とは言いませんが、金銭収入の有無で言えば無職と変わらない状態である専業主婦でも借りれる銀行なら、もしや完全無職でも借りれてしまうのでは?と思えることもあると思います。

専業主婦が借りれるなら無職もいける?

淡い期待を込め、専業主婦でも借りられる銀行を探し出し、そこを無職が受けたとしたら借りられるのでしょうか?少なくとも門前払いのような形ではなく、少しは相談に乗ってくれるのでしょうか?

いえ、残念ながら、専業主婦が借りれる銀行を特別に選んだとしても、無職が受ける対応はいつも通りの門前払いです。キャッシングを提供するかもしれない顧客としてはほとんど扱ってもらえないでしょう。

条件をよく見てみましょう。条件のところに「専業主婦でも可」というような条件が特別に書いてあると思います。これがない場合、専業主婦でも借入は難しいのですが、これがある場所だったら条件付きで借りれるケースが多いのです。

しかし、「専業主婦でも可」とは書いてあっても、「無職者でも可」とは書いてありませんね。重箱の隅をつつくような話ですが、ここはとても重要な点。

もとからキャッシングに向いているわけではない立場の人は、特別にその金融機関側からOKが出ない限り、基本的に借りれないものと思っておいてください。無職者でも可という文言がない限り、専業主婦が借りれる銀行でも無職者が借りれる可能性はほぼゼロです。

専業主婦と無職は似て非なるもの!?

納得がいかん!という人もおられるかと思いますが、両者は似て非なるものなのです。専業主婦と無職は完全イコールではないのですから、専業主婦が借りれるから無職でも借りれるというわけにはいかないのですね。

専業主婦というのは本人に収入こそないものの、配偶者に収入があることが多く、その収入は家族を養えるほどの水準であることが多いですね。

その配偶者と家計を一つにしているということは、間接的ではありますがある程度の収入があるとみなすことができます。貸付額には注意が必要ですが、額にさえ気をつけていれば普通に返済してもらえる可能性はそこそこあるわけです。

これが条件付きではあっても専業主婦には貸付がされる理由です。では無職の場合を見てみましょう。

無職者の場合、本人に収入がまったくなく、その上家計を一つにしている配偶者もいないわけですよね。直接的にも無収入、間接的にも無収入とくれば、お金を貸してもいいと思える要素が皆無であると言わざるを得ません。

無職者にお金を貸すとたった1万でも返ってこない可能性が高いため、ほとんど門前払いに近い対応となってしまうのです。

金融機関側の方針によって無職者がお金を借りれるというのはあまり現実的望みではありません。それよりも確実なのは、ほんの少しでも働いて信用力を作っておくことです。

アルバイトでも最近のキャッシングは利用できるのですから、とりあえずバイトを始めましょう。そうすればやがてお金を借りられるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加