> お金を借りる > 借入先から勤め先に電話がかかってくる2つのケースとは

借入先から勤め先に電話がかかってくる2つのケースとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.29

キャッシングを利用しているとき、とにかく人目が気になるという人もおられますよね。わざわざ自分の近所から離れた場所でキャッシングしているという点まで徹底している人もおられるのではないでしょうか?

とにかく周囲に利用がばれたくない、ばれる可能性は少しでも潰しておきたいと思う人は、キャッシング会社からの電話についても注意しておくとよいかもしれません。

気にされやすい「勤め先に電話」

キャッシングというのはかなり便利に使えるようになってきており、最近はわざわざ自分から利用していることを話さなければ普通にばれないことも少なくありません。

まして利用者本人がキャッシングしていることを周囲に隠そうというつもりでやっているのであれば、ますますばれる危険性は低下するわけですね。

しかし、いくら利用者本人が注意したところで、キャッシング会社から勤め先に電話がかかってきたらばれる危険性が一気に高まってしまいますね。

「○○ファイナンス」といったいかにもな名前をした会社であれば、名前を名乗られた時点で一発でばれてしまう危険も…。これではこれまでの苦労が全部無駄になってしまいかねません。

ですが、職場というのは利用者がつかまりやすい場所でもあります。連絡を取りたい相手からしたらここにかけるのが一番ということになりますから、かけるなといっても無理もあります。

と、このようにいくらでも悩ましい部分はあるのですが、勤め先に電話がかかってくるパターンというのはある程度決まっています。

どういうときに勤め先に電話がくるのか、気になるのならそのパターンを押さえておけばよいでしょう。主に2つのパターンがあります。

在籍確認時の電話

キャッシングを利用する前、利用者が申請した職場に本当に在籍しているのか、その確認のために電話がかかってきます。

この電話は利用者が嘘を言っていないか、本当に働いているのかを確かめる重要な審査ですから、どうしても避けられないことがほとんどです。キャッシング利用ばれたくない人には大ピンチの状況ですが、対処法はあるのです。

利用が周囲にばれたくないと思っている人は多いですから、頼めばキャッシング会社に配慮してもらうことが可能です。

会社名を名乗らず、担当者の個人名でかけてもらうことができることもあります。キャッシング利用を絶対にばれたくないと思っている人は頼んでみましょう。

返済催促時の電話

勤め先に電話が来るというのは何かあれば十分にありえそうな事ですが、実はそうでもないことを知っておきましょう。

携帯電話や自宅など、他にいくらでも連絡先がある中で意味もなく職場の連絡先にかけてくることはありません。普通の業者ならまずやらないことです。

ですので通常利用の場合、勤め先に電話が来るのはせいぜい在籍確認のときくらいなのですが、非常事態の場合はこの限りではありません。

返済を滞納しており、他の連絡先に電話しても連絡がつかないときには勤め先に電話がかかってくる可能性が低くありません。

その場合、利用者の周囲にばれないようにという配慮をどこまで受けられるかはわかりません。利用者側の非が大きいと言える事態だからです。

ただし、滞納をしてしまっているときでも勤め先以外の連絡先できちんと連絡に応じている場合は勤め先に意味もなく催促の電話が来ることは基本ありません。

返済で苦戦しており、なおさら周囲にこのことを知られたくないと思うときは、とにかく勤め先以外の連絡先で小まめにキャッシング会社と連絡を取ることです。そうすることで、何とか周囲にばれずにピンチを乗り切ることもできるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加