> お金を借りる > 生活費キャッシング、これだけには注意したい超重要ポイント

生活費キャッシング、これだけには注意したい超重要ポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.20

生活費キャッシングとはとても便利なものですよね。生活費と簡単に言いますが、ちゃんと計算してみると生活するだけでもけっこうなお金がかかるもの。何か急な出費があると基本的な生活費すら困ることもあると思います。

そんなときにキャッシングすれば簡単に生活費を補てんでき、生活を続けられます。キャッシングが活躍する非常によい場面ですが、一つだけ注意したい重要なポイントがあります。

慢性化は避けよう!

生活費キャッシングをするとき、一つだけ避けるべきポイントは「利用が慢性化しないこと」です。

生活費キャッシングをする一番の理由は「生活費が足りないから」ということになると思います。つまり生活費が足りている以上はキャッシングする機会はないということですよね。

生活費キャッシングが慢性化するということは、つまり慢性的に生活費が足りていないということです。

生活費キャッシングが優れたサービスとなるのは、たまに生活費が足りないときのピンチを簡単に乗り切れるからです。それだけならリスクよりリターンの方がはるかに大きく、使えるのならぜひとも使いたいサービスになります。

生活費キャッシングの主な活躍シーンというのはそういう状況であって、慢性的に生活費が足りていないという状況で使用するのはあまりお勧めしません。根本的解決になっていないからです。

生活費が慢性的に足りていないなら、それを対処療法的にずっとキャッシングで穴埋めし続けるのではなく、根本的に生活スタイルを見直さなくてはなりません。

生活費キャッシングがずっと必要ということは、借金がないと成り立たないような分不相応な暮らしをしているというサインです。

仮に毎月キャッシングするとどうなる?

もちろん人によっては毎月借金してでも優雅に暮らしたいという人もおられるでしょう。キャッシングを毎月使ったってそんなのは個人の自由じゃないかと思えるかもしれません。

しかしやはりそれはお勧めできません。毎月生活費をキャッシングしたりするとどうなるのか、簡単にお教えましょう。

キャッシングというのは借金ですから、借りたら必ず返す必要があります。このことを頭に入れて「毎月生活費を借り続ける」ということを考えてみてください。

返済は毎月やらないといけないわけですが、それを返すそばから借りていては、借金がいつまで経っても減りません。

返済額より借入額の方が大きい場合、借金はむしろ増えていきます。利子も少しずつですがじわじわと増えているのですから、慢性化した借金はどこかで行き詰まってしまいます。毎月借金しないと生活費が間に合わないというのがいかに危険なことがわかったでしょうか?

バランスに注意して利用しよう

怖い話が続きましたが、これは借金をする上では押さえておきたい基本的話です。借金が慢性化するとえてして破産を招きやすくなります。破産されることは金融機関にとっても迷惑がかかることですから、破産しそうな行為はできるだけ控えてください。

生活費を始め、他のあらゆる用途のためにキャッシングするのはよいのですが、それが慢性化することだけは避けた方が無難です。

たまに訪れる金欠のピンチを乗り切るだけなら驚くほど便利なサービスです。使い時を間違えないように、注意して使ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加