> お金を借りる > 仕事が無いがお金を借りたいとき考えたい一つの方法!

仕事が無いがお金を借りたいとき考えたい一つの方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.11

お金がないときこそ使いたいサービスが「キャッシング」です。急にお財布が厳しくなったときは積極的に利用を考えるとよいでしょう。

しかし、仕事が無い状態のとき、キャッシングとは使えるものでしょうか?何らかの事情で失業していると、仕事がないのですから当然お金にも困ることが多いですよね。

収入がないとき、生活費のためにお金を借りたいと思ってしまいますが、どうなのでしょう?

仕事が無い状態でキャッシングは使えるのか

この点について、きちんと確認してみましょう。キャッシングの利用資格のところに「失業者は不可」と明示してあるものばかりではありませんよね。

ダメとは書いてないのですから、もしかしたら使えるのではないかと思えます。お金がない人でないとキャッシングなんて使わないのですから、失業中のときでもキャッシングを使えて当然!と思えるのも無理はないでしょう。

ですが、仕事が無い状態ではキャッシングは利用できないことがほとんどです。利用資格のところに「失業者は不可」とまで露骨には書いていなかったとしても、「安定的収入のある方」などといった表現なら見つかるかもしれません。

安定的収入があるというのは、定職についているといったニュアンスがありますよね?意訳すれば、「失業者は不可」ということになってしまうのです。

つまり、多少遠回しではありますが、無職でキャッシングの利用は難しいとちゃんと書いてあることもあるのです。

キャッシングに必要な「仕事」とは

そのため、キャッシングをするためにはとにかく「仕事」を持たないといけません。実際、無職状態でキャッシングができたという話はまったく聞かれません。

口コミなどを見ても、無職だけど借りれたという内容はほとんど見られないのではないでしょうか?まともな金融機関なら無職の人に貸付することはまずないでしょう。

しかし世知辛い話の多いこのご時世、仕事を持つなんて言うは易し、行うは難しというところではないでしょうか?

そんなに簡単に仕事に就けるんならキャッシングなんて使わないよと思う人もおられるかもしれません。現実はそううまくいかないからこそ、キャッシングのようなサービスが必要なのですよね。

そう思う人はご安心ください!キャッシングは無職では使えないサービスですが、かといって高収入な仕事でないと使えないものでもありません。

よほどのことがない限り、だいたいの人が就けるごくごく簡単な仕事でもキャッシングは使えるのです。

高望みしなければキャッシングはすぐ使える

仕事がないからキャッシングができない…。そう思う人は、少々「仕事」について高望みしすぎなのかもしれませんよ?

なにせ、キャッシングへの道が拓ける仕事というものにはアルバイトというものだって含まれています。年収100万円程度しかいかないアルバイトでも、ある程度のキャッシングを利用するには十分な「仕事」なのです。

何か大きな計画を考えていて、そのためにお金を借りたいと思っているのなら、まずはアルバイトをして、キャッシングが出来る状態を作ってみてはどうでしょう?

あまりカッコつけず、素直にアルバイトに従事していれば、それだけですぐにでもキャッシングが利用できる余地が出てくるのですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加