> お金を借りる > ローンの審査に通るには押さえたいいくつかのコツ

ローンの審査に通るには押さえたいいくつかのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.30

お金を借りることは難しいこと、神経を使うことというのが世間一般のイメージです。それは正しいでしょうか?

ある程度は正しいところもあります。特にローンには審査というものがありますから。ローン利用を希望すれば誰でも使えるサービスではなく、審査に合格することが必要なのです。

しかしローンとは限られた人だけが使うものというのは少し考えすぎかもしれません。ローンの審査に通るにはそれなりの条件が必要ではありますが、コツもあるのです。コツさえ押さえれば案外簡単に通ってしまったり…?ローン審査が心配な人はぜひご確認を。

ローン審査を簡単にする一番の方法

ローン審査を簡単にでき、それでいて非常に手っ取り早い方法があります。ローンと言ってもいろいろなものがありますが、ここは一つ、「キャッシング」というサービスを選んでみては?ローン審査が苦手な人、不安な人には強くお勧めする方法です。

キャッシングと聞いてピンとこないかもしれませんが、これもれっきとしたローンの一つですからご安心を。キャッシングとはだいたいカードローンのことを指す傾向もあります。

どちらにせよ、限度額の範囲内で利用者が自分でお金を借りられるサービスで、実際にお金を借りるときには審査がないのが特徴。審査は限度額を決めるときだけされます。

こういった「キャッシング」を選べば審査はそれだけで簡単になります。ローン審査が同じく苦手だという多くの人はこういうサービスを賢く選び、必要に応じてお金を借りているものなのです。審査が不安ならキャッシングを選んでみましょう。

キャッシングは自信をもって申請しよう!

キャッシングを選べば、アナタは十分に低いハードルでローン審査を受けることができています。審査を簡単にするという意味では十分に賢い行動ができましたね!おめでとうございます。

ローンの審査に通るには、後は自分の条件次第ということになりますが、必要なことは「自信を持つこと」。十分に、これ以上ないほどにハードルは低くなっているのですから、自信をもってローン審査に臨んでください!

この状態でNGなことを挙げるとするなら、不安が過ぎてつい余計なことをやってしまうこと。審査を受けるとき、つい出来心で年収などを多めに書いてしまうようなことです。審査が不安というその一心でやってしまった行為ならそれほど責められるものではないでしょう。

相手を騙そうなどという気はなく、ちょっとでも審査に有利になればという軽い気持ちでやってしまったことならそれほど悪意もないですよね。

ただし、審査時にそれが発覚したとき、それは言い訳にはなりません。客観的には審査に虚偽の申請をして騙そうとする行為に他ならず、非常に印象が悪いのです。

そのようなことをする必要がないほどキャッシングの審査は簡単ですから、下手なことをするよりは自信を持って堂々と申請を行ってください。下手な行為は完全に逆効果なのです。

正直に申請し、それでも落ちた場合

キャッシングを選び、正直に申請し、その結果落ちてしまったら…?キャッシング審査のハードルは十分に低いのですから、信用力不足で審査に落ちることはそれほどないはずですよね。

それにも関わらず落ちたというのは実に残念なことですが、多少収入が低い程度で門前払いを受けるほどキャッシングのハードルは高くありません。つまり審査で大きなマイナスとなるような条件があったと考える方が自然です。

たとえば、今他に借金があるということはありませんか?他に借金を抱えた状態でキャッシング審査を受けるのはさすがに厳しい面があります。そういうときは一度借金を返しきってからもう一度審査を受けることをオススメします。

他にも、勤続年数が短すぎるということは?ずっと無職でいて、最近就職したばかりという状態で申請しても勤続年数の短さが不安視されることがあります。こちらももう少し働いた後で申請をしたいケースです。

このように、いくらかのマイナス条件があればキャッシング審査に落ちることも出てきます。審査に落ちてしまったときは何かマイナスがなかったかどうか振り返ってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加