> お金を借りる > 闇金融でのキャッシングはなぜされる?意外な実情とは

闇金融でのキャッシングはなぜされる?意外な実情とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.09

大半のキャッシング希望者が口をそろえて言うのは「闇金融だけは絶対に使いたくない!」という点です。闇金は危険な組織とのつながりもあることがありますから当然ですよね。

ほんのちょっとお金を借りたいだけのときにそこまでのリスクを負うメリットは何もありません。銀行に比べると多少条件面で厳しくなると言われる消費者金融だって、闇金融で借りることに比べたら百倍はマシでしょう。

しかし、実際には闇金融の中にもそれなりに、密かな支持を集めているものもあるといいます。

闇金融なのですから、金利は銀行などとは比べるまでもないのは明らかであり、消費者金融と比べてすらも法外な水準になっていることがほとんど。

キャッシング希望者からやはり気にされやすい「金利」という面で明らかなまでに不利なのに、どうしてそんな闇金融を利用する人が一定数いるのでしょうか?

それは、ひとえに「普通には借りられない人でも借りられる可能性があるから」というものに尽きます。闇金融は違法な金利を課すだけに、通常のキャッシングサービスが無条件でお断りするような条件の人にでもお金を貸したりすることがあるのです。

本当にお金に困っている人にとって、目先のお金を貸してくれるというのは何よりありがたいことなのですね。それがたとえ闇金融だとわかっていても、目先のお金がキャッシングできるとなれば、状況によっては使うこともあるということなのです。

これにはキャッシング審査のシステムも関係している話です。キャッシングというのは非常に簡単に使える貸金サービスとして人気ですが、その手軽さの代償として少々機械的なところがあるのです。

たとえば審査。最低限の条件さえクリアしていればそんなにうるさいことは言われないというのが実情なのですが、その最低限の条件に引っかかってしまったとしたら?そのときは有無を言わさず審査に落とされてしまうことが多いのです。

こういうところが少々機械的で融通が利かないのです。事務的といってもよいかもしれません。本当にお金を借りたくて困っているけどキャッシング審査のモノサシに機械的にはじかれてしまう人にとっては困った一面でしょう。

キャッシング審査のモノサシは確かに低めに設定はされていますが、すべての人がクリアできるものではありません。自己責任であるという面はあるにせよ、やむを得ない事情でマイナス条件が付いてしまったという人もいます。

そういうケースにおいて、キャッシング審査というのは少々融通が利かな過ぎるものに見えてしまうこともあると思います。

そんなとき、絶対に返せるという見込みがあり、法外な金利さえ我慢すれば今日にもすぐ借りられる闇金融があったとしたら…?そちらに流れる人達が一定数出てくるのも現実と言えるかもしれません。

常識的には理解に苦しむ闇金融でのキャッシングにはこういう裏事情があるのですね。闇金融が一定の支持を集めている密かな理由です。

しかし普通のキャッシングに比べると何倍もリスクがあるのは言うまでもありません。使う理由もないのに闇金融でキャッシングするのは絶対に避けた方がよいということは覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加