> お金を借りる > 警戒は必要だけど…?オススメの高利貸し対応をご紹介

警戒は必要だけど…?オススメの高利貸し対応をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.01

キャッシングを提供している場所はさまざまであり、中には「高利貸し」と世間から言われるような場所もあるのは事実。

高利貸しなんて言われ方をするとどうしても身構えてしまいますが、警戒は無闇にすればよいというものでもありません。警戒すべきとき、すべきところに過不足なくする。それが理想的です。

金利が高いということでどうしても一定の注意は必要になってきますが、高利貸し対応としてどういうものが望ましいのでしょうか?

無計画な利用はNG!

高利貸しとわかっている場所で借りるのであれば、まず注意すべきはキャッシングの計画性です。基本的な話ですがここにご注意を。

金利の高低が重要になってくるのは、お金を借りたときよりも借りた後で返すときですね。たとえば100万円を借りたとして、金利10%で借りたのであれば利子は10万円必要になってきますが、これが20%になれば20万円必要になります。

少々乱暴なたとえですが、イメージのために単純な構図にしました。借りたときはどちらの条件も100万円が借りれてホッとしていることでしょうが、返すときの利子には10万円と20万円という倍近い差が生まれてきます。どちらが返済する側の負担が大きいかは明らかですね。

高利貸しと言われるような場所で借りるのであれば、今言った例では後者のような状態になることが多いでしょう。

返済時の負担は他で借りたときよりも大きい可能性が高いですから、利用は計画的に、できればいくらかの余裕を持ってやりたいですね。余裕をもたせていれば不測の事態が起きたときも滞納せずに何とかできる可能性が十分にあります。

普段はあまり計画的に動かないという人も、高利貸しで借りるときだけは計画性をもったご利用をお願いします。

金利の数字をチェックしよう!

高利貸しというからには金利が高いのが特徴。だったら少々金利が高いくらい不思議でもなんでもないというイメージの人は要注意を。これからお話することをよく覚えておくべきです。

金利の高さには法律で許された範囲があります。つまり合法的に営業している貸金業者であれば超えてはならない基準というものがあります。高利貸しという言葉のイメージからすると意外かもしれませんが、高利貸し達もその一線は守っているものです。

高利貸しと呼ばれる業者であれば金利は高いのが当たり前で、その高さは天井知らずだと思っている人も多いのですが、案外高利貸しと言われていても常識的金利になっていることも少なくありません。他と比べると高いためにそう言われる部分もあるのです。

金利の数字が合法範囲のものであれば、利用計画をしっかり持って利用すれば言葉のイメージほど恐れる必要はありません。滞納にだけは気をつけ、キャッシングを利用するとよいでしょう。

金利が違法ゾーンであったときは

合法的金利であればそれほど恐れる必要はないという意外な結論になりましたが、もしこれが違法ゾーンになっていたらどうでしょう?

まさに高利貸しという名前通り、「それって駄目なんじゃないの?」と突っ込みたくなるような金利になっていたとしたら、最大級の警戒が必要であるということを知っておいてください。違法な金利を課している貸金業者はそこだけ部分的に法律を知らないうっかりさんなだけなのでしょうか?

いいえ、貸金業者としてやっていく上で貸金関係の法律は要チェックであり、そこだけ部分的に知らないということは考えにくいです。仮にそうであったとしてもそれは業者として不勉強であるというそしりを免れません。

どちらにしても利用者が安心して使えるとは言い難いものであり、最大の警戒を必要とするものです。そんな滅茶苦茶な条件では返済計画の立てようもないでしょう。利用に適しているとはとても言えませんね。

そんな場所で借りなくても法律を守ってキャッシングを提供している貸金業者はいくらでもあります。高利貸しで借りようと思っているのなら、返済計画さえあれば普通に利用できる業者の利用がお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加