> お金を借りる > オトナの体面も守れる!光熱費払えないならカードローン利用へ!

オトナの体面も守れる!光熱費払えないならカードローン利用へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.04

オトナのイメージって昔は「全部のことをちゃんと一人でやれる」ってものではありませんでしたか?実際自分がオトナになってみると、「案外子供の頃と変わんねえな」と思えることもあると思います。お金もけっこうギリギリで、給料日前になるといつも苦しいという人、おられませんか?

人によっては光熱費が払えないというところまで追いつめられている人もおられるかもしれません。そこまでいくと生活に支障も出てきます。仕事や大人としての責任もある社会人にとってはあまりよいことではありませんし、どうしたらよいでしょうか?

ピンチのときはカードローンを!

光熱費が払えないというところまでいってしまうと、電気やガス、水道という基本的インフラが止められてしまいかねません。

学生のときはそれでよかったかもしれませんが、仕事をするためにも基本的衣食住や身だしなみをちゃんとしないといけない大人は笑いごとではありません。

そんなときはカードローンを使いましょう。カードローンをまだ持っていない人もご心配なく。カードローンは働いている社会人ならすぐに作れてしまうほど簡単なサービスです。

まだカードローンを持っていない、カードローンのことを知らなかったという人はすぐに金融機関のサイトなどを見てみてください。カードローンはすぐに見つかると思いますよ。

光熱費の支払い期限が近いときは即日融資などに対応しているものを選んでみてはどうでしょうか?申し込んだその日のうちでも作れますから忙しい人にもピッタリですよ。

光熱費程度のキャッシングは余裕すぎる!

まだこういうテクニックを使ったことがない人になると「そんないきなりお金借りれるの?」と不安になると思います。この点についてもフォローしておきましょう。

カードローンの利用に限れば即日でもお金を借りるのは難しくありません。いくら借りれるのかという点は審査結果と本人の希望によるところでしてケースバイケースなのですが、普通に働いている人であるのなら利用自体は簡単です。審査に落ちて一円も借りれないということはそうないでしょう。

そして光熱費を支払いたいためにカードローンを利用しようというのなら、そこまで高額のお金は必要ありませんよね?

単身者なら全部あわせてせいぜい1万前後というところではないでしょうか?3万程度あってもまだ光熱費が払いきれないということはそうありませんね。

5万以下のキャッシングであれば、この手のサービスの相場で最低ラインの利用でしかありません。つまり審査もそれくらい簡単であるということ。

審査が簡単だということはそれだけ手続きに時間もかかりませんので急ぎの利用にますますピッタリということもあります。

カードローンを使わずに光熱費のことでバタバタするのがアホらしくなるくらいだと思いますよ(笑)。

次の給料日が来たらすぐ返済すればOK

光熱費はとりあえず支払いを済ませてしまうことが肝要です。支払いさえ済ませてしまえば変わらず水光熱が使えます。

水光熱を確保し、衣食住が確保できるなら、あとは変わらず働いていればいずれ給料日が来ますね。給料日が来たらすぐにお金を返せば問題解決です。

水光熱が止められると社会人として働き続けることが困難になりますが、光熱費を借金して払っておけば次の給料日で簡単に返せます。傍目にはこんなことがあったなどわからないくらい何の問題もありません。

自分から言わなければ「光熱費が払えないほどお金に困っていた」、「カードローンを使った」などということもわかりません。オトナの体面も守られるのですね。

借金に抵抗があるという人もまだまだおられますが、ときには借金をした方が話が早いこともあるということです。

少額程度の利用で破産だ多重債務だという話にはそうなりません。光熱費の支払いができないという地味に困る事態には、カードローンを使ってみてはどうでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加