> お金を借りる > 借り入れ三分の一以上可能はどうやる?借入の常識を確認しよう

借り入れ三分の一以上可能はどうやる?借入の常識を確認しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.06

借り入れ三分の一以上可能にする方法について知りたいという質問、皆さんは聞いたことがありますか?もしかすると今まさにそれについて知りたいと思っていた人もおられるかもしれませんね。

借り入れ可能額についてのこの質問は何なのか、またその答えについても確認してみましょう。

実は難しい、年収の三分の一以上の借り入れ

よくある質問として寄せられるのは、それが皆さんの関心が高いことだから。関心が高くならざるを得ないものだからとも言えます。年収の三分の一以上の借り入れがしたい、どうやるのかという質問はどうして寄せられるのでしょう?

自分が借りたいお金の額というのはそれぞれのケースごとでいろいろありますよね。ときには高額のお金が必要になることだってあります。

その額を考えてみると、自分の年収の大部分を占める額になってしまうこともあるでしょう。年収の三分の一という基準に照らし合わせると大幅オーバーになることもあり得るのです。

「年収の三分の一」という基準は一体なんなのでしょう?これはキャッシングするときによく登場する借入の規制であり、この額以上のお金は借りれないことがほとんどなのです。

高額キャッシングをしようとしたことのある人にとっては覚えのあることでしょう。キャッシング初心者や少額キャッシングしかしない人には初耳の内容かもしれませんが、そういう規制があるのだということを知っておきましょう。

高額キャッシングをしようとする人にとっては普通避けられない規制ですので、「どうすればこの規制以上に借りれるのか?」という質問がよく寄せられるようになるというワケです。

皆さんも高額キャッシングをするときになって慌てないよう、よくよく考えてみてください。

高額キャッシングは実際可能なのか?

借りれる額の大小は自分の年収額などにもよります。年収が三千万ほどある人なら、一千万までは普通に先の規制の範囲内で借りれてしまうわけです。

額的には高額キャッシングですが、その人の年収からすればそれほど無茶に高額なキャッシングではないということになってしまいますね。

ややこしいですから、ここで言う高額キャッシングとは「自身の年収に占める割合が三割を超えるもの」としておきましょう。

年収三千万の人が借りる一千万は高額キャッシングとみなしませんが、年収百万の人が借りる五十万は高額キャッシングと考えます。

そのような高額キャッシングは果たして可能なのでしょうか?先の規制があることを思えば規制を乗り越える必要がありますね。それはできることなのでしょうか?

実は少しのコツで乗り越えることが可能です。先の規制は銀行では必ずしも適応されるとは限らないので、銀行でキャッシングを相談すれば高額キャッシングができる可能性があるのです。

知っているか知らないかというだけの話ですので、必ず確認しておいてくださいね。

実は常識!?以上の話は基本として押さえておくべき!

年収の額と借りれる額の関係、そしてその規制が適応されない場所はどこか。これらの話ですが、実はわりと常識的な話です。もちろんキャッシングをする人にとってはという話ですが。

そんなこと知らなかったよという人も多いとは思うのですが、先の規制はれっきとした法律です。一般人が法律のすべてを知っておかなくてはならないとは限りませんが、社会人として身近な法律を押さえておいてもバチは当たりません。

高額キャッシングをする必要がある人はもとより、そうでない人も一応話として知っておきましょう。自分が高額キャッシングをしたいならどうすればいいのかを知っておき、周囲に高額キャッシングができなくて困っている人がいたら教えてあげてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加