> お金を借りる > 借金が勤め先にばれてるとき、絶対に注意すべきこと

借金が勤め先にばれてるとき、絶対に注意すべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.12

今現在、実は借金があるというビジネスマンもおられると思います。何らかの事情で作った借金があり、今それを返すためにも精力的に働いているという状況です。

借りた以上は返すのが道理ですから、借りたお金を返すために精力的に働くというのは非常に堅実な態度ですが、勤め先にこのことが知られるのはどうなのでしょうか?

借金があっても問題はない

まずはその職場の規定を確認する必要があります。職場の内部規定に「借金はNG」と明言されているなら、その職場で借金を抱えたまま働くのはあまりよいことではありませんよね。

仮にうっかり借金を作ってしまったとしたら、あまり周囲には知られない方がよいかもしれません。

かし、借金をNGとする規定をそこまでハッキリと制定している職場はそう多くないかもしれません。

最近は気軽に使えるキャッシングも多く、そういうものは個人の責任において利用するものとされることが多いでしょう。

何か事情がない限り、職場の規定が社員や従業員の借金を規制するということは少し考えにくい状況です。

そのため、一般的な傾向を言えば、借金を抱えているからといって勤め先に後ろめたい思いを持つ必要はないでしょうし、仮に借金のことが勤め先にばれてるとしても、そこまで慌てる必要もないのではないでしょうか?

職場の規定がない限り、そのあたりは個人の事情ということでそこまで職場が口をだしてくることはないでしょう。

「借金」を言い訳に使うのはNG

ただし、借金を抱えた自分の振る舞いが原因で問題が起きたら、話は別かもしれません。

たとえば、自分は借金を抱えていて大変だから、あまりたくさんの仕事はできないというようなことをたびたび職場でアピールしていたとしたらどうでしょう?

借金返済のために苦労しているからといって、仕事中にたびたび居眠りしていたとしたら?そのような行為も許されるのでしょうか?

借金を言い訳にしているようなこのような態度はNG。借金は個人の責任、個人の事情として職場からあまりあれこれ言われることがなかったとすると、代わりに自分もそれを言い訳に使い、職場で都合よく振る舞うことはできません。

借金があろうとなかろうと、その職場で求められる振る舞いをこなす必要があると言えます。

そのあたりのことが疎かになっていると、借金を抱えたアナタのことが職場で問題になる可能性は高いでしょう。

自分の態度が借金者の評価を決める

「借金をしたまま働くのはアリなのか?」、「借金があることが職場に知られるのはどうなのか?」、という最初の疑問に戻りますが、これらの答えは、職場の規定によるというのが「暫定的な」答えになります。

もし職場の規定には借金が問題になるものがなかったとしたら、とりあえず借金を抱えたまま働くことに問題はないということになります。

ではそういう規定さえなければ、後は何一つとして気にする必要はないのでしょうか?

実は、そんなことはありません。職場の規定とは、そのときそのときの状況を受け、常に更新されていく可能性を持っています。

以前は問題ないとされたことでも、大きなトラブルが起こることによって、新たな規定が書き加えられる可能性はあるということですね。

もし自分が借金を抱えたまま働き、先程挙げた例のような振る舞いによってトラブルを起こしてしまったとしたら?

そのときは「借金をするのはNG」という社内規定が新たに出来上がってしまうかもしれません。

今はまだ借金に関する規定がなかったとしても、借金を抱えたまま働く自分の振る舞いが、職場における借金者の以降の扱いを決めるのだということ、頭の片隅には置いておきましょう。

借金を抱えたままでも問題なく働きたいのであれば、「借金者はNG」と言われることが絶対にないように、きちんと働きましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加