> お金を借りる > 早く返すにはコレに注意!カードローンをさらにうまく使う方法

早く返すにはコレに注意!カードローンをさらにうまく使う方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.15

カードローンというサービスの便利さを実感している人も多いですよね。好きなときにATMから借りれるなんてありがたいサービスです。しかし、借りるのはよくても返すのは苦手…。そういう人も多いのではないですか?(笑)

借りた以上は返さないといけません。カードローンをうまく使うためには返済のコツも覚えておくことを勧めますよ。カードローンを早く返すにはどうしたらいいのか、いくつか方法をご紹介します。

無駄な借金は控えよう

カードローンの返済でつまづいたりしないための第一歩は、無駄な借金をしないことです。

カードローンはいつでもお金が借りられてとても便利ですよね。しかも使い道に制限もほとんどないようなものです。生活費から付き合いのお金、遊びに使うお金まで、非常に幅広く使えます。

こういう便利なサービスを利用していると、ささいなことでもお金を借りてなんでもかんでもローンで済ませようという誘惑は大きなものがあると思います。

無論、自分が必要だと思うことには遠慮なく使ってもらいたいですが、自分から見ても「無駄だったなぁ」と思うことに対してカードローンを使うのはあまり勧められません。

カードローンで借りるのはいいですが、利子がかかりますよね。借りた以上は利子をつけて返さなくてはならないのですから、無駄な利用は控えたいところです。

自分から見ても無駄だと思えるようなカードローンの利用は控えた方が、返済時の負担が重くならずにすみます。自分が本当に必要としていることなのか、利用前にちょっとでよいので考えてみてください。

お金に余裕があるなら前倒しで返済を!

カードローンを利用したら、次はいよいよ返済ですね。しかしこのとき、ちょっとしたコツがあるのをご存じですか?

カードローンの返済はリボ払い型でちょっとずつ返しているという人も多いと思うのですが、それをやるときにはあることを知っておきましょう。

リボ払いの規定最低額でのみ返済をやっていると、返済期間が長くなってしまい、返済には不利なのです。利子が余計にかかってしまうところがあるのですよ。

利子が余計にかかるというのは、返済期間が長くなることにより、一括返済、もしくは前倒しで返せるだけ返したときの分割払いよりは多くなるという意味です。リボ払いを選ぶと月々の返済は軽くて楽なのですが、トータルで見ると損することもあるのですね。

そういうことを理解した上で、それでも月々の返済の負担を軽くする方が先と思うならそれでよいのですが、それはちょっと微妙だと思うときは注意しましょう。

別にリボ払いを利用してもまったく構いませんが、お金に余裕があるときはどんどん前倒しで返すようにしていってください。そうすればリボ払いの利点を活かしつつ、利子の高騰をある程度抑えることができます。

自分の工夫でカードローンをさらに便利に!

上に紹介したようなちょっとした工夫でもカードローンの使い心地は変わってきます。ちょっとでもよい使い道ができるように、こういう工夫をやることを勧めます。

もともとカードローンというのは利用者の意志を反映しやすい柔軟性が魅力のサービスですからね。普通に利用するだけでも便利なものですが、それに加えてこういう工夫をやれば欠点のないサービスになるかもしれません。

ただ利用するだけでもよいのですが、カードローンにはこういう余地もあることをよく知っておいてください。自分でも工夫して、カードローンをさらにさらに便利に使ってみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加