> お金を借りる > 上手なキャッシング術の一つ!返済に困ったときやるべきこと!

上手なキャッシング術の一つ!返済に困ったときやるべきこと!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.14

上手なキャッシング術と言われると、上手に金利を抑えたり、少しでも多くのお金を借りられたりする方法を思い浮かべるかもしれませんが、返済についても重要な項目です。

返済をミスなく、かつスマートにこなすこともキャッシングには必要。普段あまり返済について意識したことのない人は、返済するときのコツや振る舞いについても意識してみてください。

返済に困ることもよくある

それといいますのも、キャッシングを利用したはいいけど返済に困ってしまったという人は意外と多いからです。

カードローンといった気軽に使えるサービスも多く登場していますが、これらのサービスがあまりに気軽に使え過ぎてしまうため、衝動買いといった計画性のない行為のためにでも借りれてしまうのです。

そのときは満足しても、後になって「お金が返せない!」と焦ることになる人も少なくないというワケ。

もし今そういう状態にあるという人は落ち着いて返済をうまくやる方法を勉強しましょう。

返済に困っているキャッシング利用者は意外と多いものですから、別に恥ずかしいことでもありません。きちんと返済に向き合い、完済に向けて努力してみましょう。

キャッシングを上手に利用できるようになるためには、こういう経験も必要です。「返済がヤバイ!」という状況をうまく乗り越えることができれば、今後、キャッシングをますますうまく使えるようになっていくのですから。

返済に困ったときはまずこれを!

では返済がきついとき、どうすればよいでしょうか?

こういうとき、「魔法のように債務が減る方法」といったものがあればいいのですが、なかなかそういうものはありません(笑)。自分が借りたお金は、何が何でも自分で返さなくてはならないのです。

しかし返済を楽にするコツはいくらでもありますから、それを知っておきましょう。返済がキツイと思ったら、それは自分の借入額が「借り過ぎ」という領域に入りつつあるサインかもしれません。

それ以上借りると、どうやっても自力では返せなくなりかねません。

そうならないためにも、返済がキツイときはいったん新規借入を中止し、返済に専念しましょう。カードローンなど、自分の判断で借入をしているとき、こういう判断ができるかどうかが上手にキャッシングができるかどうかの分かれ目です。

キャッシング上手は自分の手におけないような借金はそもそも抱えないようにコントロールしているものだと知っておきましょう。

返済ミスのツケは高くつく

そのような対応を取らず、返済がキツイにも関わらず新規借入を続けてしまったとしたらどうなるのでしょう?その場合、かなりの確率で返済ができなくなり、滞納を繰り返した挙句、金融機関から強制的に借金精算を要求されることになってしまうでしょう。

最悪の場合、分割払いではなく一括の返済を要求されかねません。そうなっては返せるお金も返せなくなってしまうでしょう。

そういう緊迫した状況を招かないように早い段階で対応していれば、返済も自力で終えられる可能性は低くありません。

利用者的には「ちょっとヤバかった(笑)」という状態でも、滞納さえやっていなければ何の問題もないのです。返済完了以降も何の問題もなく、スマートにカードローンの利用を続けられるでしょう。

これが返済の対応を誤り、金融機関からかなり厳しい対応を受けた場合、返済が終わり次第キャッシングの提供を打ち切られてしまう可能性が低くありません。

苦労してやっと返済が終わったと思ったら、それで縁を切られてしまうのですね。そういった対応を取られてしまうと、別の金融機関に行ってもキャッシングの利用を断られてしまうことも少なくありません。ブラック利用者として敬遠されてしまうのです…。

どちらが「上手なキャッシング術」かは一目瞭然ですね。返済も上手に賢くやりましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加