> お金を借りる > キャッシング審査通らない理由を調べる簡単な方法

キャッシング審査通らない理由を調べる簡単な方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.01

何かの審査に通らないというのは悩ましいことですよね。ましてそれが「キャッシング審査」だったとしたらなおさらです。キャッシング審査を受けるのは、キャッシングを利用したいから。

お金を借りたいと思って申し込んだのに審査に落ちてしまうということは「アナタにはお金を貸せない」と言われたのと同じです。「なんで!?」と思ってしまう人が大半であると思います。

お金に困っているという状況も手伝って頭を抱えてしまうこの状況を解決するにはどうすればよいでしょう?

審査通らない理由はわかるのか?

キャッシングサービスとは誰かの善意によって成り立っているものではなく、あくまで利益を睨んだ専門サービスです。お金を貸すことによって貸した側にも利益ある行為なのですから、貸し手側の一方的な好き嫌いで審査を通したり落としたりするはずがありません。

利益のためにもできる限り貸したいと相手も思っているはずですから、審査に落ちたのであればその理由がハッキリしているはずですよね。

審査に落ちるような理由がなくなれば当然審査には受かるようになるはずです。審査に受かりたいなら、まずは審査落ちする理由を探りたいところです。

では審査落ちする理由はどうすればわかるのでしょう?まずは金融機関などに聞いてみましょう。自分のどこが微妙だったのか、審査した人間に聞くのが一番確実です。

審査の仕組みや判断基準、詳しいスコアなどを事細かに教えてくれるとは限りませんが、簡単なことや基本的な点でアウトだった場合はその旨を教えてくれることもあります。聞いてみて損はありません。審査落ちの連絡が来た場合、試しに聞いてみてください。

理由教えてくれないときは

先も言いましたが、審査した側が審査落ちの理由を教えてくれないのはよくあることです。仮に審査落ちの理由については「答えかねます」の一点張りだったとしてもおかしくはありません。

しつこく聞き続けて金融機関側を困らせるのはやめましょう。自分の心証を悪くするだけです。金融機関側に取りつく島がないときは、金融機関ではなく別の誰かに聞いてみるというのも手です。

キャッシングなら審査は簡単な方ですから、審査に落ちる人は基本的な部分で信用を得られなくなるようなところがあることも十分に予想されます。そういう類のものであるなら、案外金融機関の人間でなくても予想がつけられることもあるのです。

人は自分のことになるとわからなくなるものです。とりあえず自分に落ち度はなかったか考えてもらって、その上で思い当たる節がないなら誰かに聞いてみましょう。

自分としては「なんだ、そんなことか」というような当たり前のようなことでも、他人から見たら信用を損なうには十分のこともあります。自分の信用度について客観的意見を求めてみてください。

理由がわかったら改善できる!

審査落ちするような理由が分からなければ何度チャレンジしても同じ結果に終わる可能性が高いですが、それらしい理由がわかれば別です。その点について改善しましょう。

改善した上でキャッシングに申し込めば、審査に落ちるような理由がなくなるため、キャッシング審査に受かってサービスが使えるというわけ。

ただ、金融機関の人間に直接聞いた理由でない限り、推測が外れてやはり審査に落ちてしまうということもあるでしょう。

そんなときは諦めず、誰かに意見を求めて自分の信用度を改善するという行為を繰り返してください。それによって次第に信用度も磨かれていきます。

一発合格はムリでも、何度もやっているうちにキャッシングくらいなら利用できるようになるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加