> お金を借りる > これには気をつけよう!キャッシングが突然利用停止になるケース

これには気をつけよう!キャッシングが突然利用停止になるケース

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.15

キャッシングを契約すれば、いつでもお金が借りられるようになります。コンビニATMでも借りれますから「いやぁ便利便利!」と愛用されている方も多いのではないでしょうか。

そんなキャッシングが、まさかの利用停止…。「なんで!?」と焦っても状況は変わりません。一度契約してしまえば半永久的にいつでも借りられるように思えるこのサービスですが、いくつかの条件によって突然の利用停止をくらうこともあります。

キャッシングを利用する人にはぜひ知っておいてもらいたいですね。

利用の仕方が悪い場合

キャッシングの提供が突然打ち切られてしまう典型的ケースは、自分の利用の仕方が悪い場合です。

キャッシングにはいい使い方と悪い使い方があるのはご存じですか?キャッシングサービスというのは自由度が高いですから、どういう使い方をしてもいいように思えるのも無理はないのです。

ですが、これにもちゃんといい使い方・悪い使い方があるのですから、悪い使い方をしないように注意しましょう。悪い使い方をしていると、キャッシングの利用者には不適格としてサービスが打ち切られることになるのですね。

では悪い使い方とはどんなものでしょうか?それは「サービスの規定を守れないこと」です。大抵の場合は返済のことが多いでしょう。

返済日になっても返済ができない。返済はしているけど額が小さすぎる。督促状等を送っても反応がない。こういう対応をしていると「問題ある利用者」として評価が下がっていき、最後はキャッシングサービスを打ち切られてしまうのですね。

悪い使い方の典型例が今言った「滞納」ですが、他にもキャッシングのお金の使い道も気をつけなくてはなりません。

キャッシングは何に使ってもよいとされることが多いですが、事業資金だけはNGとなっていることがあります。NGとされている使い道をやっていると、やはり悪い使い方に該当しますからご注意ください。

 

虚偽の申告の発覚

キャッシングの利用が打ち切られる第二のケースは、虚偽の申告です。

キャッシングサービスを契約するとき、自分の勤め先や住所などの個人情報を申告することになると思いますが、それらに虚偽の申告が厳禁であるのは言うまでもありません。

これからお金を借りようとしている人が自分の情報を明かさないというのは悪意を疑われても仕方のないことです。

虚偽の申告が契約時に発覚したらその場で即審査落ちとなってしまいますが、もしそこで発覚せずに審査に通ったとしたらどうでしょうか?そのまま審査に合格すればキャッシングが一応は使えることになってしまいます。

ただし、その後で虚偽の申告が発覚した場合、ただちにキャッシングの利用を打ち切られることになります。もしキャッシングが急に使えなくなったというときは、もしやと思いますが、契約時に虚偽の申告をしていたりはしませんよね?

もしそうなら、キャッシングが使えなくなるのも仕方ありません。

その他、金融機関側の事情

キャッシングの悪い使い方をしていないし、虚偽の申告もまったくない。それなのに急にキャッシングが使えなくなった場合、もしかすると金融機関側の事情によるものかもしれません。

きちんと正しく使っている限りにおいて、キャッシングサービスというのは半永久的に借りられるようなサービスですが、金融機関側の事情によってサービスが打ち切られることは当然ありえます。

その金融機関が「ウチはもうキャッシングの提供はやめる」という方針に決まったとしたら、当然ですがそこのキャッシングサービスはまもなく終了となります。

きちんと使っていてもダメなときはダメなのですね(笑) キャッシングもボランティアで提供されているわけではないのですから、営業方針の変更によってサービスの提供が変わるのも仕方ありません。

幸い、キャッシングサービスはいたるところから提供されていますから、新しい利用先を探すのも苦労はしないと思います。引き続きキャッシングサービスを使いたいなら、別の金融機関のキャッシングに申し込んでみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加