> お金を借りる > 賢い人はみんなこうやる!間違いがないキャッシングの利用法

賢い人はみんなこうやる!間違いがないキャッシングの利用法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.17

キャッシングっていったら「ちょっとのお金でも借りれる簡単なローン」ですよね。サービスを契約している人、身近に利用者がいる人も多いと思います。

高かったローン利用のハードルが大幅に下がっているものですから、お金に困ったときは気軽に使ってもらって構いません。しかし、使い方を間違えないように、賢く使うことは必須です!

賢くサービスを活用している人達はみんなどうやっているのか。間違いがない利用法をご紹介しましょう!

だらだら使わず、単発的に使うこと!

キャッシングを使うときに気をつけたいポイントは「だらだら使わないこと」です。

くどいようですが、キャッシングとはお金に困ったときに使いたいサービスです。お金に困ったときには遠慮なく使ってもらって構いません。

しかし、キャッシングの使用頻度がどんなものか、サービスをすでに契約している人にはぜひ振り返ってもらいたいのです。

あまりよろしくない使い方というのが「だらだらと使っていること」なのです。お金に困ると言っても、常にお金に困っているケースとたまに金欠に陥るだけのケースと、それぞれありますよね。

キャッシングの利用が向いているのは後者。つまりたまに陥る金欠ケースの方なのです。

たまに陥る金欠だったら、それをキャッシングで乗り切ったところで何の問題もありませんよね。基本的にはお金は足りているのですから。

たまにお金が足りないことがあったら、応急処置としてそこにキャッシングを充てればいいわけです。基本的にお金が足りているのなら利用したキャッシング分もあっという間に返済できるでしょう。

これこそが賢いキャッシングの使い方です。キャッシングを上手に使いこなしている例と言えるでしょう。

だらだら使うのはなぜだめなのか?

では慢性的な金欠に陥り、だらだらとキャッシングするのがなぜだめなのかをご説明しましょう。

たまの金欠で使ったキャッシング分はまもなく返済できるだろうと思われるのですが、慢性的金欠のために使ったキャッシングというのはだらだらと利用が続き、額も大きなものになりがちです。

一回一回のキャッシング額は大したことがなかったとしても、回数が増えれば大きな額になっているものなのですね。

額が大きいだけでも返済には不利なのに、ダラダラ利用が途切れず続いているということは現在進行形で借入額が増えていっているということ。

キャッシングすると毎月定期返済はやらないといけませんが、その返済額を上回る利用を毎月やっていてはいつまで経っても返済が終わりません。

次第に毎月発生する利子も増えていき、気がつけば毎月の定期返済分だけでも用意できるかギリギリ…という状況に陥ってしまいます。

そうなるとあと一歩不測の事態が起これば一気に返済できなくなり、坂道を転げ落ちるように破産へ…となってしまいます。だらだら利用がよくない理由がお分かりいただけたでしょうか?

キャッシングの手綱はしっかり握ろう!

もちろん今のは極端な例です。自分がしっかり手綱さえ握っていられるのなら、少々利用が続いた程度で破産に陥ることはないでしょう。

キャッシングで一番NGなのは無計画に使うことです。計画的に使い、利用額や家計簿などをチェックしている人なら、単発利用だろうとだらだら利用だろうと危険な使い方をしていれば早い段階で気付けることと思います。

キャッシングをよいサービスにするか悪いサービスにするかはあくまで自分次第なのだということを肝に銘じ、キャッシングは上手に使ってください。コツはとにかく自分が返せなくなるような不毛な使い方をしないことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加