> お金を借りる > 花見の用意も楽勝!カードローンが活躍する日常シーン!

花見の用意も楽勝!カードローンが活躍する日常シーン!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.19

カードローンはとりあえず作っておくことでいつでもお金を借りられる状況を作れます。それがカードローンの魅力ですが、具体的にカードローンを作っておくとどういうシーンで役立ったりするのでしょうか?ちょっとしたケーススタディをしてみましょう。

花見の用意を命じられた!?

お花見っていいですよね。出会いと別れの季節である、春。新しい人間関係のためのちょっとした親睦会として花見をやることも多いのではないでしょうか。

職場の行事というと大袈裟ですが、親睦会がてら花見をしようという話になり、「用意しといてくれー」と自分にお鉢が回ってきてしまいました。軽い頼まれごとのようなものですが、職場というシーンを考えると半分以上は命令ですよね(笑)

飲みも仕事のうち…というのはまだまだよく見られる状況です。職場のためにも自分の評価のためにもそつなく花見のセッティングをやっておきたいところですが、こういう場面ではちょこちょことお金が必要になることもあります。

そんなものをいちいち事前に請求するのも気が引ける…。とりあえずは自分の財布から出さないといけない空気だったとしたら、どうでしょう?

お金が十分にあれば問題ないものの、お金がないと「花見の用意」というミッションが一気に苦しくなってしまいます。さあ、どうしましょうか?

さあカードローンを使おう!

こんなときに便利なのがカードローンです。便利なのはすぐに借りれる点です。ローンというと何かと手続きがややこしいのが特徴…。

お金を貸し借りするんですから無理もないものの、踏み倒す気もないし返済不能に陥ったりすることもまずないだろう人にとってはただただ面倒な手続きとなるでしょう。時間的制約がある人にとってはたまらなく苛立たしいことでもあると思います。

そんなとき、カードローンなら楽勝です。手続きはあるもののかなり簡略化されており、驚くほど簡単に借りれます。即日申し込みでも借入までその日のうちにいけることも多いため、急な出来事でお金を借りたくなったときにもピッタリです。

いったん自分のお金で立て替えとかないといけないような出来事が起きたときなど、カードローンを使うと非常に便利ですよ。「お小遣いあといくら…」とビクビクしながら行動しなくても済みますしね。

花見のセッティングといった、ちょっとしたミッションが与えられたとき、カードローンがあると少なくともお金の心配はなくなります。こういう使い方をしてもいいんですよ。

自分の有能さを示すために使いたいアイテム!?

というわけで、カードローンが活躍する一例でした。これ以外にもカードローンが活躍する日常シーンはいくらでもあります。とにかくカードローンを持っておけば「とりあえずのお金がなくて何もできない」という状況に陥らずに済みます。

お金がないというのは仕方がないことで、自分の責任を問われるのは不本意だと感じる人も多いかもしれませんが、有能な人というのはどういう状況であってもある程度の結果は残す人のことです。

お金がないからできませんというのは仕方のないことではありますが、同時に「使えないヤツ…」という烙印を密かに押されることにもなりかねません。

カードローンを持っているから使わないといけないということもありません。むしろ基本的には自分のお金でやりくりし、必要なときだけ使うという使い方の方がカードローンとしても望ましいくらいです。

普段無理に使う必要はないのですから、いざというときの出来事用にカードローンを持っておくというのもよいですよ。

使う機会がなければよし、急にお金が必要になればそのときATMまで走ればすぐに借りれます。何が起こるかわからない世の中、こういうサービスを転ばぬ先の杖として持っておいてはどうでしょう?

このエントリーをはてなブックマークに追加