> お金を借りる > カードローンを完璧に使いこなすために知りたい返済のコツ

カードローンを完璧に使いこなすために知りたい返済のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.26

お金に困ることが多い人が知っておくといいのはカードローンです。利用の申請も審査も簡単で、一度利用できるようになれば自分の都合優先でお金を借りることができます。

限度はもちろんありますが、ローンの中ではもっとも都合よく使えるものであるのは間違いありません。お金の悩みがあるのならカードローンを導入してみてはいかがでしょうか?

しかしカードローンがいくら便利ではあっても借金になるのですから不安もありますよね。そういう人向けに返済のコツについてもお教えしましょう。これを押さえればカードローンの利用は完璧です!

返済の基本は利子よりも多くのお金を返すこと

借金をするときの不安によく上がるのが「お金返せなくなったらどうしよう…」というもの。借金が返せなくなってうんたらかんたらいうのはドラマなどでよくあるシチュエーション(笑)。それが頭をよぎってしまうのは無理ないことだと思います。

もし返せなくなったらということが不安なら、毎月発生する利子よりも多額のお金を返すことをコツとして覚えておけば安心です!

借金に注意が必要なのは「利子によって毎月利用額が自動で増えていく」という点です。10万円を借りただけでも、返済は確実に10万円以上のお金が必要です。

しかも期日までに返さないと罰則として利率がはね上がり、滞納を続ければ理論上いくらまででも利用額は膨れ上がります。これが借金のちょっと怖いところ。10万円の利用がきっかけで破産する可能性も理論上はあり得るのですね。

しかしそれは毎月発生する利子が返済額を下回っていれば起こりえない出来事です。発生する利子を含めてもなお返済額を減らしていけるだけのお金を毎月返していれば、いつかは必ず完済できます。つまり利子を越える額を毎月返せているなら、後は地道に返済していけばOKなのです。

返済が不安ならできるだけ一括返済を!

借金を利用したとき、一括返済や分割返済などいくらか選べる返済方法があると思います。どちらにもそれぞれ利点があるわけですが、「返せなくなったら…」という不安が強い人が選ぶべきは断然「一括返済」の方です。

一括返済をすると借金の利用額がその月でゼロに戻るわけですから、それ以上利子の発生のしようがありません。つまり利子の発生をその月で終えることができるのですから、分割払いに比べて返済総額が少なくなります。返済が不安な人には嬉しい特徴ですね。

一括で返しきるのが難しいと思うのなら、繰り上げ返済などによって返せる最大額のお金をドンドン前倒しで返してみてください。一括で返すのはムリでも、一年かかる予定だった返済を半年で終わらせれば、利子もかなり抑えることができますね。

利子をできるだけ抑えられるということは、それだけ借金を返しきれないリスクを減らせるということです。

返済のコツを押さえれば怖いものなし!

便利なカードローンを前にして唯一の懸念だった「返済」の問題が解決すれば、もう怖いものなしですね!カードローンの活用をためらう理由はないはずです。自分が使いたいと思う好きな名目のため、気軽にカードローンを使ってみてください。

カードローンで上手に問題を乗り越えた後は返済するだけ。計画通りにいくと思うなら問題なし。ちょっと不安だな…と思うときは今回ご紹介したコツをぜひ活用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加