> お金を借りる > ブラックでもキャッシングしたい人に強烈にオススメする方法

ブラックでもキャッシングしたい人に強烈にオススメする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.16

ブラックと呼ばれる状態で苦しんでいる人もおられますよね。キャッシングサービスにはどうしてもつきものになっている問題です。ブラックでもキャッシングしたい、でもできないという現実は非常に悩ましいですね。

まだブラックではない人も知っておいて損はない話です。ブラックとは何か、ブラックでキャッシングするためにはどうすればいいのか。簡単にお話しましょう。

ブラックでキャッシングできる見込みはゼロ!?

ブラックという響きからなんとなく想像がつくかもしれませんが、キャッシングにおけるブラックとは「借入サービスの利用者として適切でない」と判断されてしまった人のことです。

だからこそ、一度ブラックになるとキャッシングするのがものすごく難しくなります。「あなたはブラックになりました」と明確に通知されることはないのですが、自分がブラックになったとしたらすぐに察せられるところでしょう。キャッシングが一切利用できなくなってしまうのですから。

キャッシングというのは比較的簡単に使えると言われている借入サービスですよね。実際に使ったことがある人はその簡単さをよくご存じだと思います。最低限の信用力さえ持っているなら比較的誰でも使えると言ってよいサービスです。

そのキャッシングですらも一切使えない状況になれば嫌でもわかりますね。ブラックになると一番簡単なサービスであるキャッシングに限っても、どこで申し込んでも利用が難しくなるのです。何度やっても結果は同じですからご注意ください。

ブラックの記録はなぜわかる?

一度ブラックになるとどうしてこんなに借入が難しくなるのでしょう?その理由は、金融機関や貸付業者は信用情報機関という場所の記録を審査のときに参照しているからです。

そこにはこれまでの借入の利用記録が残っていますので、問題のある利用をしていればそこでわかってしまいます。

すでに前科を持っている利用者に自分の大切なお金を貸そうという人は専門の貸付業者といえどそうはいません。危険な相手として敬遠されるのが普通です。だからこそ一度ブラックになるとどこからも借りれなくなってしまうのですね。

ところで、信用情報機関に照会するから問題記録が発覚するのであれば、ではそこへの照会をされない場所だったらブラックでも借りれるということになると思いませんか?

理屈で言えばその通りです。「私はブラックです」なんて名札はないんですから、信用情報機関の記録さえなければどこの金融機関もブラックかどうかなんてわかりません。

事実、過去にブラックであったとしても記録が更新されて問題のある利用が消えれば、これまでの苦労が嘘のように借りれるようになります。

だったら情報機関への照会をしないところを利用すればいいじゃないか…というのはなかなかのナイスアイデアのように思えますが、それはお勧めできません。まともな金融機関でそんな危険を冒す場所はありませんから。

そんなリスキーなことをするのは闇金という危険な業者くらいです。利用はお勧めしません。

ブラックでもキャッシング、どうすれば?

ブラックになってしまった後でキャッシングしたいと思うときにはどうすればいいんでしょう?普通の場所では借りれず、借りれる場所は闇金という危険な業者。八方ふさがりとはまさにこのことです。

この方法があればブラックでも借りれる!というものがあればいいんですが、そういうのはなかなかないのが現実です。ブラックのままで借りるのは正直言って至難の業というよりほかありません。

ブラックになってからキャッシングを考えるのであれば、まずはブラックでなくなることを第一目標とされることを強く勧めます。

先にも少しお話しましたが、ブラック情報は時間が経てば自然に消えます。その時間さえ経てば本当に嘘のように借りれて拍子抜けしますよ。

ブラック期間はちょっとした謹慎期間くらいに思っておけばOKです。ちょっとだけ大人しくしておきましょう。やがてはまた普通に借りれるようになりますから。

このエントリーをはてなブックマークに追加