> お金・投資 > 幸せになるためにお金を使っておきたい3つの分野とは?

幸せになるためにお金を使っておきたい3つの分野とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.15

お金の使い方によって、人生に大きな影響を与えることがあるのは、どのジャンルでもいえることでしょう。漫画を書くのが好きな人は色々な漫画を買うことで知識や経験の幅を広げていくことで、より素晴らしい漫画を書けるようになると思います。

空手を習っている人は、より空手が上手な人にお金をかけて学ばせてもらうことで、より上達することが出来るでしょう。お金はなくても人生を理想の方向に進めていくことは出来ますが、お金があるとより早く進めていくことが出来ます。その中で、どんな人でも投資しておきたい3つの分野があります。

分野1:お金に関すること

お金というのは、人生においてとても大切な位置を占めるのは、ほとんどの人が知っていますが、それをどうやればもっと良く出来るのかを知っている人はとても少ないといえます。

それほど難しくないことでも取り組むまでに時間がかかり、結局やらずにそのまま終わってしまう人もほとんどでしょう。お金について学んで、それを自分らしく活かすことができれば、自由な時間や充実した時間を過ごすことが出来るようになるでしょう。

お金は仕事だけではなく、お金に対する考え方や感じ方も学ばないと、いくら知識が凄くてもお金が残らなかったり増えなかったりすることも多いです。

お金の知識には、お金を生みだすこと、お金を増やすこと、お金を守ることの3つがあり、それにお金の考え方や感じ方があります。これらを深く学ぶことが出来れば、どんな状況からでもお金を生みだすことができ、お金を増やすことができ、お金を無駄に減らすことなく守ることが出来るでしょう。

その中にビジネスや仕事があります。どれもお金を生みだす行為で、その根本には価値を生み出すということがあります。誰かが喜ぶこと、助かること、楽しむことなどをすれば、お金としてお返ししてくれます。

それがしっかりと流れが出来て大きくなったものがビジネスといえます。なので、根本的にある価値を生み出すということは小さくても大きくても変わらないので、大きくする方法を学べば、お金を沢山稼げることが出来るといえます。

分野2:人間に関すること

自己啓発は、自分の幸せにとってとても大切なことですが、もっと大きな範囲でいえば、人間に関するもっと深いところまで学べると、より色々な角度から物事を見ることが出来ます。たとえば、生物学や物理学、人間の歴史や体の構造なども学ぶと、自己啓発にあるテクニックをより深いところから理解することが出来るでしょう。

たとえば、引き寄せの法則というのが存在しますが、それだけだと信じられない人がいたり、実践していてもどこかつかみどころがない感じがするかもしれませんが、人間の体をもっと深いレベルで見ると、全ての物体はエネルギーからできていて、個体は凄い速さで振動を繰り返しているので、それが感情の周波数となって周りにエネルギーが伝わっていくということまで分かれば、なぜ引き寄せの法則が起こるのかということが分かります。

また、催眠術など手品と思うほど凄い技を見せる人がいますが、それも意識と潜在意識の仕組みや潜在意識までこちらの意図が届くようにする内容などを知ることができれば、それが当たり前のように感じるかもしれません。

人間に関する大切なことは、コミュニケーションではないでしょうか。それも他人だけではなく自分や環境とのコミュニケーションも大切といえます。ビジネスやスポーツでよくいわれることは、成功の80パーセントがメンタル、残り20パーセントがスキルといわれます。それだけ自分とのコミュニケーションが大切といえるでしょう。

分野3:人生に関すること

自己啓発の本や教材でも得ることができるのが、人生に関することです。特に不況の時代、今までお金で遊びたいだけ遊んで大事なことから目を背けていた人にとっては、本当の自分にとって大切なことは何かを向き合うことが出来るときといえます。

人生で大切なことは、自分が本当にやりたいことをやること、幸せや充実といった感情を得ることではないでしょうか。自己啓発といっても幅が広いので、自分を高めるだけで全く幸せからかけ離れてしまうことを教えている人もいるので、教わる人は選んだほうが良いかもしれませんが、幸せになるために書かれてある本はそこまで多くないようです。

どれもお金を生みだす効率効果ばかりを見がちなので、そうした以外で感情の大切さを細かく教えてくれるところから学ぶといいでしょう。

お金、健康、コミュニケーション、時間や感情について時間をかけて学んで、それを使うことが出来れば、理想の人生にするのはそこまで難しくないといっている人もいるほど、大切な分野といえます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加