> お金・投資 > 人がお金を使う購買心理を理解して、マーケティングセンスを磨く方法

人がお金を使う購買心理を理解して、マーケティングセンスを磨く方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.10

ビジネスセンスという言葉がありますが、パッと聴いた感じだとそのセンスがあるとビジネスが上手い人という印象を与えると思います。

そして、ビジネスセンスを追求していくと、それは目に見える商品サービスの形や提供方法の根本的な考えとなる目に見えない人間心理や感情、さらに才能やライフワークの形など色々なことが分かるようになるようです。

購買心理とは?

人が商品サービスにお金を使う理由は、それを欲しいという購買心理が働くからといえます。そして、その欲しいという気持ちは、もっと気持ちの変化が欲しいという根本的な理由があります。

それは強い痛みを和らげるためなのか、痛みをなくして気持ちよさを得たいのか、もしくは強い気持ちよさを得たいからなのか色々な形はあるにせよ、まとめると痛みと気持ちよさの原則が根底にあるようです。

テーマパークに行く人は退屈という不快感を爽快や興奮といった快感を得たいという感情が働いていたり、薬を求める人は今感じている体の不快感や痛みを取り除いて正常な状態に戻したいという感情が働いていたり、どんなことでも当てはまる原則といえます。

逆に何も感情が動かないものにはお金を使う理由もないので行動に繋がらないでしょう。こうした基本的なことを追求するだけでも良い物さえ作れば売れるとか、自分が良いと思うものは売れると信じているだけの人よりもビジネスセンスが良いといえるでしょう。

そしてそれには人間の生存本能や社会でより良く生きたいという本能なども関係しており、それを理解すればするほどビジネスに活用出来るでしょう。身近な例でいえばなぜスーパーなどで試食を提供しているのでしょうか。

普通に考えたらそんなことをするとコストが増えるだけでもったいないと感じるかもしれませんが、そうすることで味が分かり美味しいと思ったら買う人が増えるというだけではなく、人は何かをしてもらったらし返したいという恩返しのような心理を持っているため、その心理に働き掛けることが出来ることから、こうした先に何かを与えることが有効とされています。

強力な心理のメリットデメリット

健康食品やサプリメント、教材や食品などどんな業界でも取り入れられているのは、先に無料や低価格で何かを提供し、そこから関係性をスタートさせるというものです。

それによって恩返しをしたいという気持ちや、無料でこれだけ良い物なら有料ならもっと良い物を期待出来るという期待値を上げるといった気持ちの変化によって、こうした1つの方法を使うだけで大きなビジネスになることもあるようです。

ですが、こうした強力な心理作用にもメリットデメリットが存在します。これにメリットしかないと思って後先考えずに使っている人もいるようですが、そうした人は後々沢山の批判にあったり相手の感情が理解出来ず、思考だけで物事を考えてしまう人もいるようです。

たとえば、心理の1つに権威性というものがあり、その分野で名前が知れ渡っている人や専門的な称号や名前が付けられている人はそうじゃない人に比べて信用や期待をされやすく、全く知名度がない状態からビジネスをスタートさせるよりも使い方によっては一気に知名度を高めることが出来る方法でもあります。

ですが、権威性の使い方によっては偉ぶっているという印象を与えたり、自分より凄いという気持ちにさせることもあり、それもお金や健康といったどんな人にも共通する分野で自分だけが凄いというような表現やイメージを与えてしまうと、その逆に感じる人はその人を見て良い気持ちがするでしょうか?

「自分はお金持ちだ!」という表現をしている人は、貧乏と感じさせたりそう思っている人は良い思いはしないでしょう。それが批判に繋がることもあります。過剰な使い方やメッセージを余計な人にまで届けると、そうした反発が起こることもあるので使い方には注意が必要です。

自分らしい幸せなビジネス

ビジネスと聴くと自分だけ得するお金儲けなどあまり良いイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、自分らしさを表現してそれが相手からお金という形で返ってくるなら、それはお金儲けというより価値の交換といえるでしょう。

そのためにこうした心理効果を使うとさらに多くの人や求めている人により価値を最大化して分かち合うことが出来るでしょう。

たとえば自分が作っている商品が身近な地域の人だけに提供して喜ばれていても、それを日本や世界に広めることで、自分が無理やり売り込まなくてもそれを求めている人がいれば、もっと早くそれを広めておけばよかったと思うかもしれません。

そのように、自分らしい幸せなビジネスは周りの人にとっても大切なものになる可能性があるので、自分だけで留めておくのはもったいないかもしれません。それを加速させるためにこうした心理を学んでビジネスセンスを高めることは素敵なことではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加