> お金・投資 > クレジットカードとデビットカード、あなたはどちらを使うべき!?

クレジットカードとデビットカード、あなたはどちらを使うべき!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.12

デビットカードとは

デビットカードは現在持っているキャッシュカードをそのままデビットカードとして利用出来るので、クレジットカードのような審査が必要ありません。クレジットカードの審査に何度も落ちてしまい、クレジットカードを作ることが出来ないという人でしたら、デビットカードを利用する方法もあります。

クレジットカードというのはどうしても勤続年数などが審査に関係してきますので、ある程度の年数は働いていないと審査に通らなかったり、決まった収入が無いと審査に通らないということもありますので、現在働いている環境においては審査に通らないということもあるでしょう。

そのためクレジットカードを作ることを今は諦めたという人もいるかもしれません。そういう人が便利に使えるのがデビットカードなのです。

もし両方持っているとしたら

クレジットカードもデビットカードも持っているという人もいるでしょう。デビットカードの場合は残高から買い物と同時に引き落としになりますので、残高が無いと使用出来ないことになります。そのため金銭管理が苦手な人や、お金を使い過ぎてしまうというタイプの人には向いているでしょう。

クレジットカードの場合は支払いが後回しになりますので、思わず使い過ぎるということがあるかもしれません。でも今現在お金が無くても買い物が出来るというメリットがあります。

どちらのカードも用途に合わせて使うということが出来るかもしれません。この場面ではクレジットカードを使い、この場面においてはデビットカードを使うというようにして変えてみるのも良いかもしれません。

使える時間帯について

基本的にデビットカードは銀行の営業時間内しか使用出来ないということがありますので、もしも夜遅い時間にお金が必要ということになると困るということになってしまいます。ところがクレジットカードにおいては24時間使用可能ということがありますので、夜遅くに接待などで使用するという場合には、クレジットカードの方が使えるということもあるでしょう。

そしてポイントにこだわるという人でしたら、デビットカードの場合はポイントが貯まらないということが多く、貯まったとしてもわずかということがあります。クレジットカードならポイントをどんどん貯めることが出来ますから、ポイントを貯めることにこだわりがある人でしたら、クレジットカードの方が良いと思うかもしれません。

基本的にクレジットカードが作れない人でもデビットカードが作れるということと、残高から引き落としがすぐに行われるということから残高以上の買い物をする心配が無いということがデビットカードのメリットと言えるでしょう。クレジットカードを最初は使用していたけれど、自分の金銭管理において自信が無いと感じた人にはデビットカードがお勧めです。

それぞれのメリットを活かしましょう

せっかく所持出来たカードでしたら、そのメリットを活かすということを考えることがベストです。クレジットカードにもデビットカードにもそれぞれの良さがありますので、使用してみて、自分にとって良いと感じる方を重点的に使用していくと良いかもしれません。そうすることで納得のいく買い物が出来たり、日々の生活においても安定感があるということもあるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加