> お金・投資 > 愛車を高く売るには?高額査定の出しかたとお店選びを考える!

愛車を高く売るには?高額査定の出しかたとお店選びを考える!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.22

2014y03m21d_171514587

自動車を乗る人にとって、現在の自動車とお別れをして新たな自動車を手にする時が出てきます。この際にとても重要になるのが愛車の査定額です。いかに高く購入してもらうかで、次に購入する自動車の予算も変わってくるでしょう。中古車市場は必ず一度は誰しも関わる市場ですから、損をしないように高額査定やお店選びについてしっかりと考えていきましょう。

車の査定額損してない!?

自動車の査定は、今や誰しもが経験すると言ってもいい中古車の巨大な市場となりました。私たちが自動車に乗っていく上で、現在の愛車とお別れをしなければいけない時もありますし、新たに車を購入する選択肢としても、中古車市場は多くの人に利用されています。

平成に入ってから、新車の売上台数よりも中古車の売上台数の方が上回ることも多くなってきて、現在では新車と同じくらい中古車の市場が重宝されている時代なのです。

そんな中で、誰しも必ずと言っていいほど中古車市場には何かしらお世話になるのにもかからわず、しっかりとした下調べや知識もなしに愛車を安く買い叩かれてしまうのは大きな損です。

車種にもよってきますが、しっかりと査定額を比較していかなければ、買取額が数十万円単位で変わってくることもあるのです。10万円20万円とあったら、一体何ができるでしょうか?少なくとも今持っている予算よりも高い車を検討できるはずです。それなりにお金になったからいいやは大きな損です。

イマドキ下調べと比較が最重要!

今どき何をするにも何を購入するのにも下調べが肝心です。下調べをしっかりとしておかなければ、損をすることになってしまうからです。

その理由として非常に多くの同業他社が存在する業界では、お店によってサービスもシステムも微妙に違ってくるからです。より自分の都合にあった一番条件の良いところを利用していく方が大切なのです。そして、下調べにはやはり現代らしくインターネットを利用するのがベストです。

ネットに店舗情報を掲載していない中古車販売店や買取店はほとんどいませんし、ネット上で業者の口コミや高額査定を出す方法、体験談など、よりたくさんの情報を確認することができるからです。

そして、同じ車種を同じ条件で売却するとしても、より多くの業者を比較して最も条件の良い業者を選んでいく必要があります。車を購入する場合には様々な条件がありますが、車を売る場合に必要なのは、ただ単により高く査定をしてくれることだけです。

たとえ同じ車種を複数の業者で査定してもらうとしても、どこの業者もだいたい査定額が同じだと思ったら大間違いです。市場に出回っている同等車種の中古車の値段というのは、だいたい相場が決まっていて同じような値段で売られていますが、売値と買取価格は違います。つまり、この買取価格には業者によって大きな差が出る部分でもあり、それぞれの業者の都合なども絡んできます。

一括査定と出張査定

インターネットで利用できる便利なツールとして、一括査定というものがあります。インターネット上で自分の愛車を複数の業者にWEB査定をしてもらって、その条件を比較できるというものです。

もちろん直接愛車を複数の業者の担当者が見に来るわけではありませんので、インターネット上の簡易的な査定にはなりますが、それでもその業者の現状と大まかな目星を付けていくことができます。

一括査定で他よりも圧倒的に低い査定額を出す業者というのは、現状その車の在庫がいっぱいあって必要ないか、あまり需要がない車種で必要ないかのどちらかです。また、一括査定では所詮は簡易的な査定になりますので、実際の査定額は実際に目で見てもらって査定する他ありません。

しかし、いちいち目星を付けた店舗全てを車で回っていては時間がかかりますし、移動中に事故を起こすかもしれません。家から一歩も出ずに効率的に査定してもらえるのが出張査定です。出張査定であれば、実際に複数の業者の査定を同じ日にこぎ着けて比較するということも可能になってきます。一括査定では目星を付ける程度の比較とし、実際には出張査定や持ち込みの査定で査定額を比較していく必要があるのです。

高額査定も大切だがお店選びも大切!

そして、自動車を売りに出す上では、いかに高く買取ってくれるかがとても重要で、それ以外に必要な条件はありませんが、今後も自動車を乗っていくつもりがあり、しかも中古車を購入しようと検討している場合などは、よりお店選びが重要になってきます。高額査定も大切ですが、お店選びは、今後一生大切になってきます。

もし、その車を売ってそこからまったく車に乗らないというのであればいいのですが、今後も中古車などを乗っていく場合で、しかも特に車にそこまで知識や興味がないという場合は、しっかりとトータルで様々な面倒を見てくれる信頼できるお店を見つけることがとても重要になってきます。

自動車を売る場合でも、慣れたお店で慣れた担当者と値段交渉する方がしやすい場合も多いですし、そのあとで中古車を購入するつもりがあるのであれば、下取り的な意味あいで高く買取ってくれる場合もあるでしょう。

個人売買のメリットと大きなリスク

最後になりましたが、個人売買という方法があります。友人や知人に直接車を売ったり、もしくはオークションなどを利用して仲介業者を挟まずに、自分と相手だけで売買の取引をするものになります。

これであれば売ったお金がそのまま自分のものとなり、中間業者を挟むマージンがない分、とても魅力的です。少し相場よりも安く売ったとしても、中古車買取店の買い取り価格よりは高く買取ってもらえますし、買取る相手にとっても、市場の相場よりも安く買取れるため、とても大きなメリットがあります。

しかし、その反面、中古車は高額な商品であることと精密機械ですから、トラブルが起きた時の対処や保障を誰がするのかという問題に発展します。下手すれば相手との友好関係にキズがついてしまう結果となり、大きなトラブルを招きかねません。

高額な取引が必要なやり取りだからこそリスクが大きく、メリットも大きい分、ハイリスク・ハイリターンで自己責任の取引だということをよく把握してからおこなわなければいけません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加