> 恋愛 > 3年以上も恋愛していないなら、人生で大切なことをしていないことになる?

3年以上も恋愛していないなら、人生で大切なことをしていないことになる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.28

あなたは、3年以上恋愛をしていないという経験はありませんか?もしそうなら、そこから恋愛をスタートするのは大変と感じたり、面倒と感じるかもしれません。

それは恋愛に対するイメージが悪いのもありますが、3年以上というのは恋愛だけじゃなく仕事でも人間関係でもパターンが固定してしまう目安でもあります。

3年という固定パターン

人間には固定されるパターンがあります。それは心の動きによるもので、たとえばこれまで3年以上続けていた仕事を辞めて違う仕事に就くとなると、怖い感じがしませんか?人によって3年を前後することもありますが、どんな人でもパターンが固定するという心の動きを持っています。

それによって得られるものには安定感がありますが、失うものは新しいことへチャレンジする時に感じる好奇心などです。何も失うものがなければどんなことにもチャレンジしたいという気持ちが湧いてくるかもしれませんが、家庭や仕事など守るものがあると感じると、新しいことへのチャレンジが怖くなったりします。

それも心によるもので、実際はそれをしても不安通りにならないかもしれませんが、安定を揺るがすと思う行動をしようとすると、そうした気持ちのブレーキが働くようです。気持ちの中では、3年たっても自分なら何でも出来ると思っている人もいるかもしれませんが、やはり固定されたパターンを崩そうとするとそれだけ心に影響を与えます。

人によっては過去と未来を上手くバランスを取って新しい可能性にわくわくしながら追求出来る人もいますが、ほとんどの人がやりたくない仕事や人との付き合いを続ける理由は、そこから抜け出せないと思っているからではないでしょうか。

そして恋愛も同じことですが、3年以上付き合っている人と別れるということは不安を感じることもあるでしょう。それよりは今までずっと時間を共にした人と一緒にいたいと思うかもしれません。

恋愛はやればいいというものではない、ある意味仕事より難しいことかもしれませんが、それだけ喜びをもたらすのも事実です。ですが、恋愛を3年しないパターンというもの固定されるものです。

恋愛と仕事、どちらが幸せ?

よく「仕事と私、どっちが大事なの!?」という言葉もあるぐらい、仕事と恋愛の時間配分が上手くいかない人も多いのではないかと思います。

人によっては時間はあっても気持ちが仕事に向いていれば意味がないと感じる人もいて、少ない時間でも気持ちが100%その人に向いているなら満足する人もいるようです。

周りから見ると凄いと言われるような結果を出しているビジネスマンや各分野で一流の結果を出している人も、恋愛となると上手くいっていない人も多いようですが、仕事も恋愛も上手くいっている人が最も幸せという調査データが出ているほど、恋愛は人生に喜びをもたらしてくれるようです。

どんな活動をしても自分の気持ちの動きが幸せになるなら、恋愛から得られる気持ちの変化は上下が激しいかもしれませんが、その分上に上がった時はこれまでにないくらいの喜びを感じるのではないでしょうか。

付き合えないと思っていた人と付き合えたり、大好きな人と結婚出来たり、80歳を過ぎてもパートナーを見つける人を見ると、年齢関係なく恋愛は人に喜びをもたらしてくれるようです。

なので、どれだけ仕事で優れた結果を出したからといって恋愛から感じる喜びも得られるというわけではなく、恋愛は恋愛で特別な気持ちを与えてくれます。また、それ以外でも人間関係や趣味、健康などからもそれぞれ違った喜びを得ることが出来るようです。

恋愛と仕事の情熱

恋愛は、好きな人と付き合うことで何もしてもらわなくても何かをしてあげたいという気持ちが湧いてきたり、それが仕事に対する情熱と似ていることから、恋愛から学べることはあるでしょう。

人間の大きな原動力は、それをやりたいという愛情で、それがやらないといけないという恐怖が原動力になっていると役割になってしまい、これも恋愛と似ていて、役割を感じているカップルは何かをしてあげたいという気持ちより、しないといけないという制限を感じているのではないでしょうか。

それによって相手に対する昔のような愛情がなくなったと感じる人もいるようですが、その役割を外して昔の好きだったころを思い出すと、また情熱が蘇ってくることもあります。

恋愛のように常にワクワクする感覚を仕事に持てると、その人は1日中ワクワクして過ごすことができ、実際にそういう人を見ると幸せそうな人生を過ごしています。

名誉や地位を必死に求める人生よりも、大好きなこと、人、環境を追求してより自分らしい人生の実現をワクワクしながら目指せる人生のほうが、見ていて楽しそうな感じがします。どちらも自由に選べるからこそ、こうした選択肢もあることを頭に入れておけば、方向修正もしやすくなると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加