> 恋愛 > 恋愛こそ戦略が必要。SWOT分析を使ってあの娘にアプローチしよう!

恋愛こそ戦略が必要。SWOT分析を使ってあの娘にアプローチしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.23

経営学の修士号であるMBAの授業でも使われているSWOT分析は経営上の戦略を作る際に有効な思考方法として、経営会議や営業会議の時などに多くのビジネスマンに利用されています。

SWOT分析は自社の内的な要因である強み(Strength)と弱み(Weakness)。外からの要因である機会(Opportunity)と脅威(Threat)の4つにわけて自社の経営環境を把握して新たな戦略をつくる為の分析ですが、実はこの分析方法は恋愛にも応用することができます。

ここでは恋愛に使えるSWOT分析の使い方について紹介していきます。

自分の強みと弱みを知ろう

気になる女性ができたときにあなたはどのようなアプローチをしますか?ほとんどの人が近づく為に何らかの戦略を練ると思います。戦略の一歩としてまずは自分の強みと弱みを把握しましょう。

「おしゃれである」「人当たりが良い」「人の話をきかない」「そそかっしい」など、自己の評価だけでなく他人から指摘してもらった評価もどんどん書き込んでいきましょう。自分を理解することによって自分の魅力を再確認でき自信につながりますので、とくに念入りにおこなってください。

彼女の周りに環境を把握しよう

彼女の周りの環境も把握する必要があります。機会として「職場の同僚で色々なことを相談しあう仲」であるなら機会はたくさんあると考えられます。逆に「お店でたまに見かける」レベルであれば機会は少ないので、まずは自分の存在を相手に知ってもらうようにしましょう。

脅威として「彼氏がいそう」「言い寄ってくる男性が多い」のであれば脅威は大きいといえます。場合によっては撤退する必要もありますが、自分の思い込みである可能性もあるので脅威の存在はしっかりと確認しましょう。

情報をまとめよう

自分の強みと弱みを把握して、脅威の存在が杞憂であることが確認できたら機会を高めるために自分の強みを軸に積極的にアプローチしていきましょう。

SWOT分析によって自分の強みと弱み。相手の環境を把握したら後は勇気をもって相手に声をかけるだけです。結果はどう転がるにせよ、実践することによってあなたの恋愛経験値は確実にアップするでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加