> 恋愛 > やりたいことをやっていても恋人との関係が良くならない理由とは?

やりたいことをやっていても恋人との関係が良くならない理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.23

やりたいことをやることは、自分のためにも他人のためにも良いことが多くなります。自分にとってはストレスが少なく毎日楽しく過ごすことが出来ますし、他人と接する時でもストレスがない状態の時のほうが接しやすくなるでしょう。

ですが、やりたいことをやっていれば恋人や家族との関係が良くなるかというとそうではありません。ほんのちょっとした違いが周りの人との関係を悪くしたり良くしたりします。

競争心が邪魔をする

自分がやりたいことをやっている人は、生まれてすぐにやりたいことをやっている人と成人してから自力でやりたいことを見つけた人など色々なタイプの人がいると思います。

やりたいことをやっているときに出てくる気持ちは幸せや充実といった周りの人をプラスにするようなエネルギーですが、元々やりたいことをやらせてもらえず自力でやりたいことを見つけた人など、自分は偉いとか周りはダメだという競争心を元々持っていた人は、やりたいことをやり始めても周りと比べることがあります。

元々やりたいことをやることが当たり前に育った人であれば、やりたくないことをやっている人を見ても競争心は湧いてこないでしょうが、周りと比較することで頑張ってきた人にとっては自分が周りよりも優位にたったように見えると周りとどうしても競争しようとします。

この気持ちを癒すことが出来なければ、やりたいことをやっていたとしても幸せになれないままでいます。なぜなら、他人と自分を分離することは、幸せよりも優越感などエゴが中心の感情が出てくるからです。

競争心の底にある気持ちは自分に対する無価値観があります。無価値な自分を隠すために頑張ってやりたいことを見つけたら、無価値に見える人を見下す。これだと後々上手くいかなくなることが分かります。

偉い、偉くないは存在しない

人と比較する環境で育った人間は、なんでも偉い偉くないで判断しがちです。運動会やテスト、運動といった他の人と比較することで点数を競うのが当たり前になってしまうと、他の人と比べたくないと思うところでも昔の癖が邪魔をします。

ですが、偉い偉くない、凄い凄くないは存在するのでしょうか。誰もが他人より優っている点はありますし、誰もが他人より劣っている点はあります。

そもそも、誰でも出来ることをずっとやり続けることによって得られた結果が他人よりも優れていることは当たり前のことといえますし、そのこと自体が人間が作った概念の上でのことになります。

「自分はダメだ」という自信がない状態は不健康といえますが、「自分は他人よりも凄い」という状態も不健康といえます。良い悪いはありませんが、それを続けると自分の周りから人が離れていくので、誰ともつながれなくなります。

ですが、それは自分が望んだ結果といえるでしょう。周りと比べることで周りを自分より下に見ること、ですが、それは周りの人はしてほしくないことなので人が離れていくのは自分が望んでいる結果といえます。これは、競争していた中から成功した人は特に強い傾向があるものです。

どうすれば競争心を癒すことが出来るのか?

といっても、競争心を持っている人は日本人でも大半なのは、学校教育を10年以上も経験していることも大きな原因といえます。自分の成果に点数をつけるだけならまだしも、それを他の人と競わせることをさせると、自然と劣等感や優越感が生まれます。

劣等感を感じたくなく優越感を感じたいという人が増えると、競争する人が増えるばかりか、どんなことでも優越感を味わうために他人と競いたいという人が増えてきます。ですが、競争によって生み出されるものは協力によって生み出されるものに比べたら小さなものばかりで、逆にデメリットにもなるといえます。

世界で起こる嫌な出来事のほとんどは競争から生まれ、世界で起こる歴史に残るような素晴らしいことのほとんどは協力で生まれるというシンプルなものでありながら、それに気づいている人は中々いません。

競争している人が協力しようとすると、自分の心の中で強烈なブレーキが働きます。なぜなら、自分の無価値観を刺激されるからです。自分一人で頑張ることで感じてきた優越感が得られなくなるに加えて、蹴落としてきた周りの人と協力することは自分の意に反するので、無価値観も同時に感じることになります。

本人が一番苦しいですが、この競争心を癒すことが出来れば、周りと協力して幸せな人生に進むことが出来ます。大抵の場合、無価値観は小さいころに植えつき、その原因は「これをやらないと愛してもらえない」といった条件づけられた愛情といえます。

それを、親に愛してもらうこともそうですが、自分でその自分を愛してあげることが出来れば、無価値観から解放され周りと競争し続ける苦しい人生から抜け出し、パートナーと幸せな関係を築くことが出来るでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加