> 恋愛 > 女性が好む喧嘩した時の仲直りの仕方とは!?

女性が好む喧嘩した時の仲直りの仕方とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.14

仲の良い恋人達ほど喧嘩をするものです。そして喧嘩をした時に「女性はいっつも昔の事を持ち出す!」と思っている男性が多いようです。

でも、それは例え話であって、昔のことをネチネチ持ち出しているわけではないのです。あなたが「彼女に対しいつも同じような事で怒らせる」と言うことを主張しているだけなのです。

このように、大喧嘩になった時、男性と女性の言っていることに誤解が生じ、平行線になって、終いには男性が逆切れしたり、別れたくないのに別れにまで発展してしまうカップルがいるのはどうしてなのでしょう!?

女性と男性の怒りの表現の違い

例外もあるでしょうが、一般的に男性は左脳、女性は右脳で物事を考えると言われています。左脳は計算や技能的に優れた脳で、論理的な思考に適しているのです。つまり男性は何か問題が起こった時、原因を探りそれを解消することで問題を解決しようとします。

一方右脳は芸術や感情に働きやすい脳なので、女性は感情を訴えることで問題を解決しようとします。つまり女性は、喧嘩の原因を探ることより、今の悲しみや怒りをわかってほしいのです。

言い換えれば、男性は今起こっている喧嘩の現象だけを問題にします。それに対し、女性は今の気持ち、こういった気持ちにさせられることが嫌なのです。「こういった気持ちにさせられることが嫌だ」ということを伝えたいのです。

だから女性は、過去の自分が怒った時の例を出し、自分の気持ちが伝わっていない、その場しのぎの解決しかしない男性の考え方にも腹を立てているのです。

しかし、左脳で論理的に今起こっている現象として、彼女との「喧嘩」という問題を解決するために男性は喧嘩の原因を考え、彼女が怒っている理由を考えるのです。そんな時、昔の関係ない出来事がどんどん彼女の口から出て来たら訳が分からなくなってしまいます。論理的思考が根こそぎ崩されてしまうのです。

男性も女性も仲直りしたいから喧嘩になっているのに、男性は感情的な女性の言葉に訳が分からなくなり、女性は自分の気持ちが伝わらない苛立ちをぶつけます。

男性は「いまさら何言ってるんだ!その問題は謝っただろ!終わったことを持ち出すな!」と怒鳴り、女性は「いっつもどうして同じことをするの?どうして私の気持ちをわかってくれないの!?あの時も、この時も、いっつも謝るのに今日もまた同じことをするのはどうして!?」と泣き叫びます。

男性は今のこと、女性はいつも同じことで喧嘩になる(わかってくれない)ということで喧嘩になります。喧嘩の軸が違うのですから、いつまでも平行線になるのは当然です。

喧嘩の時、女性が男性に求めること!

喧嘩になって女性が男性に求める「本当の仲直り」とは、その場しのぎの「ごめんなさい」じゃないのです。

例えば、Xmasに男性がうっかり「約束のクルーザーdinnerの予約を忘れた」ということで喧嘩になったとします。男性は謝って、クルーザーは間に合わないので慌てて他のお洒落なdinnerを手配しようとします。しかし、女性は「忘れたことが許せない!」と言うでしょう。

ここで女性にとって問題なのは、女性がずーっと前から彼と一緒に過ごす「クルーザーdinner」の時をどれだけ想像し、どんなお洒落をして出掛けようか、お礼に彼にどんなプレゼントをしようかと毎日ウキウキして考えていたのに、彼が予約を忘れたという事実です。

その事実から、「彼にとって自分とのXmasは予約を忘れる程度のもので、そんなに楽しみではなかったの!?」と大きなショックを受けます。そしてそのショックが大きな悲しみとなって爆発し、怒りになっていくのです。

女性はその場面を想像し雰囲気を楽しむので、予約を忘れることは考えられません。一方男性は、その日スケジュールを空けて彼女に会って彼女が喜ぶ姿を想像しているので、仕事が忙しすぎたりすればその日の予定を空ける事だけに必死で、予約がうっかり抜けてしまうようなポカミスをやってしまう男性もいるのですが、彼女の事がどうでもいいわけではないのです。

ですから、彼女は「クルーザーdinnerに行けないから怒ってるんだ」と思ってしまうので謝りますが、忘れてしまった予約は実現不可能だから「謝ってるだろ!」と彼女のわがままに逆切れしてしまうわけです。彼女は、その逆切れにまたショックを受けるでしょう。彼女だってもう無理なのはわかっています。それでも彼の自分を思う気持ちがいい加減なような気がして悲しいのです。

こんな時は、クルーザーdinnerにこだわらないで、予約は忘れても、「会う事に必死になってスケジュールを空けたこと」をしっかり伝え、予約を忘れたお詫びに彼がどれだけ彼女のことを思っているか、サプライズで何か心に残る記念日の思い出になることをしてくれたらそれでいいのです。突然のバラの花束や、突然のプロポーズで、彼の思いが伝わればもうそれでいいのです。

男性諸君!女性と売り言葉に買い言葉になるのだけは避けましょう。女性と口喧嘩しても男性は勝てません。

彼女と喧嘩になったら、彼女の気持ちをゆっくり聞いて理解して、黙って彼女が泣きやむのを待って、後ろからそっと抱きついて、気持ちを伝えるだけでもいいんですよ☆

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加