> 恋愛 > 初めてでも安心!彼女とのお泊り旅行で失敗しない為の予備知識

初めてでも安心!彼女とのお泊り旅行で失敗しない為の予備知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.31

彼女との旅行は、これからの付き合いを大きく左右する場合もありますので、旅行先が決まったならまずは宿泊先の予約から気を遣う事が必要です。

予約方法は、旅館やホテルなどの宿泊先に直接予約をするよりも、旅行サイトから予約をしたほうが宿泊料金が安くなっている場合も結構あります。その分の浮いたお金で少しリッチなランチを旅先で楽しむというのも賢い方法といえるでしょう。

予約の際の注意点として、最近は禁煙室と喫煙室と分かれている場合も多いですので、もしもタバコを吸わないのでしたら禁煙室を予約する事を忘れないようにしましょう。

そして、もしも禁煙室が満室だった場合には、彼女に消臭対応でもよいか確認を取っておきましょう。その場合は、事前に宿へ連絡してタバコの臭いが苦手なので消臭をして貰えるかどうかや、消臭をしてくれる場合にはどのような消臭方法になるのかという事も確認しておきましょう。

これは、宿によって消臭方法が簡単な消臭スプレーを行うだけの所と、消臭の機械を使う所があるからです。しかし、完全に匂いが取れるかというと残念ながらしないよりはしたほうがいいといった場合が殆どですので、その点も踏まえて彼女にも確認をしておきましょう。

次に、旅行先が変更になったりやむを得ず中止になった場合も考えておく事も、先を見据えたデキル男としては必要でしょう。その為に、必ず宿泊予約の際にはキャンセルポリシーでいつからキャンセル料金が発生するかも把握しておく必要があります。

そうすると、彼女がやっぱりホテルよりも和風な感じの旅館のほうがいいねと言ってきたとしても、キャンセル料金がまだ掛からない日数であるならば新しく旅館のほうを予約して先のホテルへキャンセル連絡を入れればよいからです。

あとは、その手際をさりげなくアピールしましょう。あまりにもアピールし過ぎると、俺様自慢に聞こえてしまい逆効果になってしまいますのでご注意を。

実は旅行前から旅行は始まっている

旅行は旅行当日からではなく、そのもっと前の日から始まっていると考えたほうがよいでしょう。旅行の楽しさの1つに、旅行の良さを行く前に想像するのも旅行のよきスパイスになりますし、単調な毎日を旅行という非日常的な事への想像だけでも気持ちが自然と高揚したりリラックスもできたりするものです。

例えば、「来週の今頃は温泉にゆっくり入ってからのんびり二人でビールを飲んでるんだろうな~」などと彼女に話しますと、彼女もそれを想像する事によって、ますます旅行への期待感が出てくるでしょう。そのように、旅行は行く前から旅の演出をする事によって何倍にも楽しさや充実感があがります。

それが、彼氏としての貴方への高評価へとも繋がるのです。旅行中に気をつける点は、会話の内容にあまり普段の事柄を話し過ぎますと旅行という非日常的な雰囲気が壊れてしまう場合もありますので、なるべく貴方からはそういった話題は避け旅行に関しての楽しい会話にしたほうがよいでしょう。

そして、ここまでせっかく楽しく進んでいても、車酔いなどの体調不良になってしまいますと楽しい雰囲気も台無しになってしまいますので、酔い止めや頭痛の為の薬は忘れないようにしましょう。

困った旅行にならない為にこれだけは忘れないで!

財布の中身ですが、クレジットカードが使えない宿やお店もありますので現金はなるべく用意しておく事も必要ですが、前もってインターネットなどで宿泊先の近くにATMのあるコンビニエンスストアの有無も確認しておくとより安心です。

旅先での突然の雨には、折りたたみの傘はとても助かりますのでこちらも用意しておきましょう。携帯電話などで地図を見る事はできますが、やはり紙の小さな折りたたみ地図のほうがデキル男の演出としての小道具になる場合もあります。

地図を見るのが苦手な彼女の場合には、頷きながら地図を確かめている貴方の姿が頼もしく映る事でしょう。もちろん、その後に迷ってしまった~だと逆効果になりますので、旅行前に一人で旅順の確認はしておきましょう。

帰った後が大事!旅行の仕上げを忘れないで

もちろん旅行というものは、貴方も彼女もお互いが楽しんでこそ2人の良き思い出となりますので、貴方は旅の演出家をまず楽しむという前向きで建設的な気持ちから入るとよいでしょう。彼女も同じような考えの持ち主ならば、まずは相手の意向を考慮しながら2人の最大限を模索するというのも共同作業としてより絆が深まるでしょう。

楽しい旅行が無事に終わったならば、その週末にでもゆっくりと旅の思い出を二人で写真などを眺めながら語り合うというのは最後の要といってもよいでしょう。楽しかった旅行という共通認識を確かめ合う事によって、さらに思い出に仕上がりの色を付けられるといえます。

愛し合う二人にとって、絆が深まる旅行になるか否かは貴方の手腕にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加