> 恋愛 > 彼女との買い物での「ねえ、どっちがいい?」にそつなく対応する方法

彼女との買い物での「ねえ、どっちがいい?」にそつなく対応する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.04

デートで彼女の買い物に付き合うことよくありますよね。そんなときに、こんな場面はありませんか?あなたが見ているそばで彼女が服を選んでいます。あれこれ悩みながらだんだんと購入対象を絞り込んでいく様子。

そろそろ決まったかな、なんてあなたが思った頃、2着の服を手に取って彼女が屈託のない笑顔で聞いてくるのです。「ねえ、どっちがいいと思う?」さて、そのときあなたは何と返しますか?

【回答例1】「どっちでもいい」

夫婦のような長い付き合いのカップルの場合「えー、どっちでもいいじゃん」とめんどくさく答えてしまいがちです。実際、どっちがいいなんて明確に決められないことが多いでしょう。そもそも彼女の方も決定打が無いから話を振っているわけでしょうし当然です。

どうせ男の意見なんて聞かないし

さらに掘り下げれば、過去に同じ様な場面があったからかもしれません。その時は一方を適当に選んで答えたものの、結局その後も悩み続け最後に彼女が買ったのはもう一方の物だった、なんて経験ありませんか?

どうせ最終的に彼女が自分で決めるなら、最初から聞かないでくれ!って感じになります。そんな気持ちが「どっちでもいい」に含まれているわけです。べつにないがしろにしているわけではないのです。

彼女は怒って当然です!

しかし「どっちでもいい」と返した後の彼女は当然のように不機嫌になります。「彼女自身のことがどうでもいい」という風に聞こえてしまいます。

これはまだ付き合いの浅いカップルだと絶対に避けたいところですよね。性格の不一致で別れる原因にもなりかねません!それではどう答えたらいいのでしょう?

回答例2「どっちも似合っている」

ここは「どっちでもいい」を柔らかくオブラートに包んで、笑顔で「どっちでも似合ってるよ(ハート)」と言ってあげましょう・・・と、まとめたいところですがこれまた彼女は満足しません。お世辞というのはすぐわかります。

そして、結局は「自分で決めて」と突き放していることには違いなく、結果的に「どっちでもいい」と言っていることと本質は変わらないのです。

それでは正解の「答え方」は・・・

結局、彼女はどう答えてほしいのでしょうか?多くの場合、彼女や他の女性が求めているのは【答え】ではありません。論理的な考え方をする男性だと疑問文で聞いてきたんだから、当然回答を求めていると考えがちなのですが、女性が相手の場合はそうでとは限りません。

原則的には彼女が求めているのは【会話】です。ただし本人はそのことを特に意識はしていません。女性特有の意味の無いおしゃべりの延長といえば何となくわかるでしょうか。

楽しみを共有したい彼女の優しさ

彼女が質問するのは、あなたがどちらを選択し答えるかというより、会話が続いていくかということに重きが置かれています。状況としては彼女はすごく楽しくお買い物をしています。その楽しさをあなたにも共有してもらいたいのです。

そこであなたにも「選ぶ楽しみ」を「一緒に」やろうと誘っているわけです。それなのにいきなり答えを出してしまうと場がしらけます。クイズ番組で芸人がボケずにいきなり正解を出してしまうようなものです。あなたがやるべきなのは「選ぶ過程を会話する」ということなのです。

選択を求められたら逆質問してしまおう!

答えを言わなければいいので、会話が続くように彼女に逆質問してみるといいでしょう。例えば、「そうだね〜こっちはどの辺が気に入っているの?」とまずは聞いてみましょう。

それをきっかけにして、両方の良いところ、悪いところについてどんどん話題が膨らんでいきます。そして一通り議論が尽きたあとに「うーん、でもどっちもカワイイから君に似合っているよ」とまとめると、彼女は特に不満を感じることなく自ら買うものを選びます。

いろんな場面で応用できそう

結局【回答例2】と同じ内容なのですが、いきなり言うのと会話をした後に言うのとでは、彼女側の受け取り方がまったく変わってきます。これは買い物に限りません。彼女が何か【答え】を求めてくる様な質問をしてきたら、一呼吸おいて彼女が本当に求めていることを考えてみましょう。

多くは単に会話がしたいだけだと考えられます。それをわざわざ考えて判断するのが面倒」なんて言ってはいけませんよ!これだって彼女への優しさなのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加