> 恋愛 > 男女の考え方の違いを理解することで身に付く、女性との上手な話し方

男女の考え方の違いを理解することで身に付く、女性との上手な話し方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.21

男たるもの「女性とは会話できません」ではいけませんね。しかし男性から見れば、女性の会話は不可解なものである場合もあります。そこで今日は、うまくいく女性との会話術について説明したいと思います。

1.男の違い、女の違い

(1)男の会話

まず、我々男が会話をする目的は何でしょうか。食事に誘う、趣味の話をする、仕事の話、エロ話…どれも目的がはっきりとわかるものが多いと思います。こういった、自分にも相手にもはっきりと目的がわかる話を簡潔にしたがるのが男性です。このことは、男性であればピーンとくる話だと思います。

(2)女の会話

一方、女性の場合は、今日一日何があったかの報告、落ちがない話、今日一日何があったかの質問など、男性からすれば意味不明の会話をすることがままあると思います(そういう話をされた経験、ありませんか?)。

(3)なぜ違うのか

このような男女の会話の内容の違いというものは、程度の差はあれ、世界中どこでも見られるそうです。一般的には脳の構造が異なっているから―男性は感情を伝える機能が劣っている反面、論理的思考に長けている、女性はその反対である―と言われています。

2.会話の基本

では、どうやったら我々男が女性とうまく会話をすることができるのでしょうか。っと、その前に、会話そのものの基本をまずは押さえましょう。

多くの方が誤解されていることなのですが、会話の基本は、「言葉のやり取り」ではありません。会話の基本は、「事実」+「気持ちのやり取り」なのです。

もちろんビジネスシーンにおいては決まった言葉で会話をするという場合もあると思います。しかし、その趣旨は、「社会的に適切なルールに則って会話をしていますよ」「あなたの会社のことを尊重していますよ」という態度を示すために決まりきった言葉などを多用するのです。

もし仮に、決まりきった言葉以上に、相手を“気持ちよく”できる言葉が発見できたのであれば、テンプレートな言葉を使わずに、独自の言葉を使った方が良いです。まず、このことをしっかり頭に入れておいてください。この基本は、男女問わず通用する話です。

3.女性との会話

では、上記した会話の基本を踏まえた上で、女性との会話について分析していきましょう。

(1)女性の会話の具体例

そもそも、女性の会話の目的は何でしょうか。ビジネスシーンにおける会話であれば、当然ビジネスに関係するものです。しかし、普段の雑談の場合はどうなのでしょう。たとえば、母親、友達、恋人からこんな風に質問や話をされたことはありませんか?

「今日一日は、どんなふうだった?」
「今日、電車混んでた?」
「今日はサイアクな一日だった」
・・・・

(2)女の会話の目的

では、どういう意図をもって、女性はこのような会話をしてくるのでしょうか。その理由は「あなたのことを思いやっているから」なのです。この、男性を徹底的にイラつかせる会話は、女性目線で見ると、男性のストレスを発散させるためにやっていることなのです。

なぜこのようなずれが生じてしまうのか。その答えは、「女性は、女性がしてほしいと思っている質問を男性にもぶつけるから」です。

女性は、一日を振り返って、「今日はこんなことを感じた、あんなことを感じた」と述べたいのです。そのきっかけが「今日は一日どうだった?」なのです。男性もこの一言で自分の感情を女性に伝達し、それをきっかけに、自分の感情を共感してほしい、そう思っているのです。

(3)対処法

では、上記のような会話に、男はどのように対処すればいいのでしょうか。まず自分の感情を述べてみましょう。簡単です。「今日は暑くて大変だった。君は?」と聞けばいいのです。

間違っても、無言、「あぁ」「いや、普通だった」などと言ってはいけません。そして、相手が何か言ってきたら、相手の感情に着目して、相手の言っていることを、そのままおうむ返しするのです。

たとえば、「今日は本当にサイアクだった」とくれば「サイアクだったんだね」と言えばいいです。「部長ったら○○って言うんだよ」と述べられたら、「そうか、それはムカつくね」と返せばいいです。一種の推理ゲームだと思ってください。

つまり、女性は男性に落ちのない話を振ることによって、自分も同様の話を振りかえされ、その機会に自分の感情を共感することを求めてくるのです。

そうだとすれば、男はこの流れに逆らってはいけません。逆らえば余計に面倒なことになるからです。最悪の場合、「何か怒ってる?」→ヒステリーという黄金のコンボが飛んでくること請け合いです。

4.終わりに

男性と女性は、長い進化の過程においてほとんど別の生き物のようになってしまったと言われます。そのような者同士では、どうしてもお互いズレが生じます。今回説明した内容を踏まえた上で、一度女性と会話をしてみてはいかがでしょうか。きっと、相手の女性は喜んでくれると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加