> 恋愛 > 女性を味方につけるために!恋人でない女性に喜ばれるプレゼント

女性を味方につけるために!恋人でない女性に喜ばれるプレゼント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.30

皆さんの職場や学校には、女性はいますか?男性からすると、女心はわかりにくいし、めんどくさい。しかも女性の多い職場ですと、一度嫌われると業務や学業に支障すら出てしまいます。

そこで今日は、恋人ではないし、恋人にしたいわけでもない、ただ同僚などに嫌われないようにするためのプレゼントについて考察していきます。

1.プレゼントの効果

まず、そもそもプレゼントには効果があるのでしょうか。この点、あまりに高価なプレゼントは逆効果です。金で気持ちを買おうとしているように思えてくるからです。

また、高価な物を差し上げる心理として、罪悪感があるから、それを金銭で埋めるために高価な物を購入してしまう、というものがあるそうです。例えば、ホステスについ金を使いすぎてしまうところなどは、まさにその心理を描写しているといえるでしょう。

ですから、あまり高価な物を買って差し上げるのはよろしくない、ということになります。もっとも、「ありがとう」の言葉だけでは一瞬で終わってしまいますし、具体的な利益にはなりません。だからこそ「感謝は言葉だけでなく、物や行動でも示すべき」なのです。

2.あげる値段帯

では、いくらぐらいの物が良いのでしょうか。これは一概には言えません。相手に何をしてもらったのか、何の目的でプレゼントを贈るのかによって変わってきます。

例えば、仕事のフォローのお礼にちょっとした物をあげるのと、出産祝いにちょっとした物をあげるのでは、かかる金額が全く異なってくるでしょう。前者であればお菓子一つで済むかもしれませんが、出産祝いに包装されたクッキー1個、というわけにはいきません。

あるアンケートによると、誕生日プレゼントや家を訪問する際には、大体1,000円から3,000円程度の物をプレゼントしていることが、皆さん多いようです。ですから、多くて3,000円程度、と考えておけばいいでしょう。

3.何をあげる?

(1)きめ細かく考える

では、女性にあげて喜ばれる物は何でしょうか。これも、“女性”という一括りで考えるのはやめた方が良いです。「女の人ってこんなものが好きでしょう」とか言いながら、相手の趣味と合わない物をプレゼントすると「こいつは人の気持ちがわかってない、ウザい」と逆効果になる可能性が高いです。

マニュアル的に、「○○さえ送っておけば大丈夫」と考えるのはやめましょう。こういったことにも頭を働かせ、きめ細かく個人に合うような物をプレゼントした方が良いです。

(2)プレゼントの決め方

では、プレゼントを考える際に、どういった切り口から考えるべきでしょうか。まず、プレゼントをあげる際に重要なのは、「自分が日ごろから、あなたのことを大切にしています」ということを物で示すことにあります。もちろん、このときに性的な意味合いを含めては絶対にいけません。

例えば、ブラジャーやパンティなどの下着をあげる男性がいますが、これは軽くセクハラと捉えられます。プレゼントをして嫌われることに快感を覚えるM男以外の人はやめた方が良いです。

プレゼントの極意は、相手がもらって喜ぶ物をあげることです。ですから、相手の好きな「色」「キャラ」「お菓子」などを事前に調査しておきましょう。話している最中にさりげなく聞いてみたり、ここ3か月の私服で何色に偏っているかを見たりしていれば、好きな色はすぐわかるはずです。また、キャラもお気に入りの物は身に着けていることが多いです。

もしわからなければ、同じグループの女性に内密に聞いておくのもいいでしょう。事情を説明し、プレゼントをあげる理由、候補などを相談しておけば良いです。

もっとも、女性グループの1人に情報提供を依頼した場合には、その人にもちょっとした情報提供料をあげることも視野に入れておいた方が、「あいつだけ良い思いしやがって」とならずに済みます。ですから、ジュース1本とか、チョコ1個とか、マメにあげておきましょう。

(3)プレゼントの具体例

では、具体的には、どのような物をあげればいいのでしょうか。これはもう、無難にいきましょう!!相手にバシッとくるような物が渡せれば完璧ですが、それは無理です。まず、今流行のお菓子で、相手が好きな物などは候補の1つとして考えてみてはいかがでしょう。もっとも、お菓子の場合、

① 食べたら終わり
② 保管や持ち運びがめんどくさい物が多い
③ 実は食べられない物である可能性もある
④ ダイエット中の人にはかえって逆効果

などの問題点があることも頭に入れておきましょう。他にも、例えばハンカチなどはいかがでしょうか。ベタベタ過ぎる?しかし、それでも問題はありません。ただ、あくまで「○○さんだから、このハンカチにしました」という風に伝えられるような物にしてみましょう。

相手は別にハンカチなどいらない、と思っているかもしれません。しかし、いらなくても日ごろの感謝の気持ちが伝わればいいのです。要は、プレゼントは、こちらの相手に対する気遣いを形に表したものである、ということです。こういった気遣いをすることによって、女性に嫌われない平穏な生活が維持できるのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加