> 恋愛 > 手を出す前に知っておきたい、実は危険な女性の見分け方

手を出す前に知っておきたい、実は危険な女性の見分け方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.10

魔の手が伸びていても気づかない

恋は盲目と昔から言いますが、恋愛まっ盛りの時は相手の事が光り輝き眩し過ぎて、実はよく見えていないというのはよくある事です。次第に恋愛の情熱も段々と落ち着いてきた頃に、あれ?と思う事もあるでしょう。

これは男女関係なく恋愛ではよくある事ですし、常に自分の希望に100%合う女性はいませんのでごく自然な事です。しかし、問題はここからなのです。

甘い恋愛が辛い生活に変わる原因とは?

育った生活環境が違った者同士であり、またまったく同じ人間というものは存在しませんので、自分の考えと違う部分があって当たり前なのですが、この違う部分という所がどのくらい違うのかによって付き合いができるか否かに大きく分かれてしまいます。

しかし、恋愛中というのは楽観的というか希望的観測が強くなる傾向がありますので、いずれ自分の考えに近づくだろうとか自分が変えてみせるとか、ついつい笑顔で考えがちになってしまいます。

ところが、ただのお付き合いなら失敗しても恋愛の経験値が上がったなと思えますが、これが結婚した後だったりしたら世にも恐ろしい結果にも為りかねません。

予兆を見逃すな!その予兆とは?

私はなぜかよく離婚の相談をされる事が多いのですが、結婚前に言っていた事とまったく真逆なセリフがポンポンと出てくる事に対して、ある種の恐怖感さえ覚えてしまいます。そして、憎悪をぶつけ合う者同士の争いとなると離婚劇もドロ沼化しやすいので、黒い罠や黒い策略が飛び交うという事も珍しくはありません。

特に財産が多い場合にそのようなケースが多々みられました。しかしこれらも先ほどの、あれ?というところで見誤らなければ起きなかった確率が非常に高いのです。

予兆が見つかったら次にする事は?

では、あれ?から冷静になったとして、その後は一体どうすればよいかというと、自分とまったく同じ価値観を持つ人間はいませんので自分が相手の価値観を許容できるかという事と、じっくりと話し合って自分と相手の持つ価値観の相違を、お互いが納得するまですり合わせができるかという事です。

その際に、もしも相手がヒステリックになって話し合う事もできなくなるような状態になってしまった場合には、結婚したとしても同じような場面が数多く見られる事を覚悟しておいたほうがよいでしょう。お気の毒様です。

しかし、相手が貴方に夢中であり、今の関係を大事に思うあまり貴方の価値観に対して今は全面的に同調するという場合もあります。

そこで、こんなに惚れられて俺ってラッキーで凄いと思ってしまうと、後から自分だけがタイムストップしていたという結果になる場合もあります。

それは、今は全面的に同調していたとしても、時間は常に動いています。「今は」という言葉が付いていなくても同じと考えてよいです。ですが、そのような状況であったとしても、ある程度の予想ができる方法はあります。

見えないものが見えてくるその時を見逃さない

人の価値観や、行動を制したり促したりする場合の要因の1つとして、今まで育ってきた生活環境というものが挙げられます。

親や姉妹や友人がどのような意見や価値観を持っているのかという事と、それに彼女が同調しているか否かで現在の彼女の価値観というものが、うっすらとですが見えてくる場合があります。

これは、彼女の実家へ行ったり友達に会わなくとも、その人達の行動が会話の中に登場してきた時に、彼女がその行動に対して同調しているか否かによっても実は見え隠れしているのですが、大概の男性はウンウンと頷きながらデートの次の展開の事を考えていたりする場合が多いのです。

長続きする為に必要なものとは何か?

せっかく縁があって付き合った彼女だから、彼女の事は全面的に受け入れたいという気持ちもわかりますが、それは自分の器に受け入れ続けられるものなのか?または受け入れる事が彼女や自分にとって本当に幸せな事なのか?それをよく考えなかった私の友人が、言った言葉があります。

「恋なんてデタラメで、愛なんて嘘つきだ」

それに対して私は友人に、自分がデタラメで自分自身に対して嘘を付いた結果だけだろう?と言ってショットグラスにウィスキーをなみなみと注いでやりましたが、心の中ではそれも一理あるかなとつい思ってしまいました。

どちらかが我慢を強いられるだけの恋愛は長続きしにくいですが、お互いにする我慢をお互いが理解できて、それを笑い合いながら過ごせたとしたら長く続きやすいでしょうね。

上級編に、相手が凄く上手に猫を被っているのを見破る方法というものありますが、それはまたいずれ機会があればという事で。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加