> 趣味・ライフスタイル > 鞄の中身は一枚の写真に。たった一手間で忘れ物は劇的に減らせる!

鞄の中身は一枚の写真に。たった一手間で忘れ物は劇的に減らせる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.08

忙しい朝や楽しみにしていた旅行で、大事なものを忘れてしまったりした事はないでしょうか。いつも入れているつもりが、たまたま何かの用途で使いそのまま入れ忘れてしまったりだとか、そもそも準備をし忘れてしまったりだとか。

気を付けているつもりでも、どうしても忘れてしまう時ってありますよね。今回はそんな忘れ物対策に役に立つ、ちょっとしたアイデアをご紹介します。

仕事用のバッグの中身は写真に撮って保存しておこう!

例えば、会社に持っていくバッグの中身。大切な仕事に使うものや、“My七つ道具”ともいうべき必需品達。こういったいつもバッグに入れておきたいものや必ず必要なもの、忘れるとマズいようなものは、一旦鞄の中から出して、一枚の写真に収めておくと非常に便利です。

出勤前の忙しい時間に、鞄を空けて中身をチェックする時間ももったいないという人もいるでしょう。この方法であれば、予めお使いのスマートフォンの中に保存しておいた写真をパッとチェックするだけで、忘れ物の防止になります。

「鞄の中にいつも入れておきたいもの」リストなどとあわせてメールで自分の受信ボックスに送信しておくという方法もいいかもしれませんね。プラス、その日その時に必要なものをチェックすれば、普段の忘れ物はグッと減らす事が出来ます。

たまにしか使わない荷物

旅行やたまにしか持っていかない大荷物はどうでしょう。こちらの場合は、前項よりも更に写真を撮っておく事による効果が増します。結構旅行が好きで、いつもどこかへ出掛けているという人でも、さすがに普段の仕事を放って毎日旅行している人はいないでしょう。大抵は何ヶ月スパンかで、時間は空くものです。

「この間の旅行では何を持っていったっけな?」という記録として写真が残るので、新しい旅行の計画時に非常に役に立ちます。写真で残しておく事によって、前回の旅の記憶がよみがえってきますし、そこで「これは役にたった」とか「これは無理に持っていく必要はないな」というチェックが出来ます。

また、そういった確認を何度か繰り返す事によって、そんなに出番が無いようなものでも自分にとって必要か必要でないかを判断する事が出来るようになりますし、準備も非常に楽になります。

もう一工夫加えてみよう

また、番外編として、一枚の写真を中心に毎日の日記をつけるのは非常にオススメです。これも可能であれば鞄の中身を取り出して写真を撮影するのが良いでしょう。

一々中身を全て出すのが面倒くさいという場合でしたら、その日に行った印象的な事に関係するものでもいいと思います。映画のチケットや、帰りにフラッとお店に寄って買ってきた洋服のタグ、夕食を食べたレストランのレシート。また、仕事に関係するものを鞄の横に添えて写真を撮ります。

写真を一枚撮影して、適当に感じた事などを2、3行書き込んで保存しておくと翌朝のチェックも楽しくなりますし、記憶もよみがえりやすくなります。

バックの中身チェックというものは、思えば小学校の頃から親や先生に言われてきた事ですよね。小学校の頃は「だらしない」とか「まだ身体に身に付いてない」という事で済ませられましたが、社会人になるとそうはいきません。

ちょっとした工夫で、日々の忘れ物は随分減らす事が出来ます。慌てたりするとついつい忘れ物をしてしまうという人は、試してみては如何でしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加