> 趣味・ライフスタイル > 釣りをはじめてみたい社会人へ!最低限これだけあればすぐできます!

釣りをはじめてみたい社会人へ!最低限これだけあればすぐできます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.30

休日に、マイペースでできる趣味がほしいな、と思っている人、多いのではないでしょうか?スポーツやドライブもいいですが、釣りをはじめてみませんか?釣りは、海や川で開放的になってすがすがしい上、うまく釣れたら奥さんにも喜ばれる?なかなかやりがいのある趣味のひとつです。

でも、いろいろ道具をそろえたり、釣り場所を探したりするのが敷居が高いなどなど、初心者が手を出しにくいのが現状ですよね。釣りをやっている友人がいれば、いろいろ教えてもらえるのでしょうが・・・。そこで、気軽に釣りをはじめられるやり方をご紹介してみたいと思います。

道具は自分で買う必要なし!まずは全部レンタルではじめましょう

初心者は、とかく新しい道具をそろえたくなるものですが、ちょっと待ってください。まずあなたが買ったほうがいいのは、小さなクーラーボックス、長靴。これくらいで大丈夫です。

そうしたら、ネットで近所の「釣り船」を検索。東京でもその近郊でも、けっこうたくさん釣り船が出ています。集合時間は早いですが、一人でももちろん参加できます。釣り竿やアミ、エサ(ところによっては有料)、釣り針、ルアーなど、必要なものはすべてそろえて無料レンタルしてくれるところがほとんどです。

「いきなり海釣りはちょっと大変じゃない?」と思われたあなた。むしろ、船を出してくれて釣りポイントまで連れていってくれ、釣り方のアドバイスをもらえるのですから、ここからはじめるのがベスト。

防波堤へ行って、なんの魚が釣れるのかもわからず釣り糸をたらしても、やはり釣れなければ楽しくないですし、楽しくなければ趣味として続けられないですからね。

また、釣り竿を買うにしても、どこでなんの魚を釣るかによって変わってきますから、やはり何度か釣り船に乗って、船長さんのアドバイスを聞きながらおいおいそろえていくのがいいでしょう。

渓流釣りは、初心者にはちょっと難しい?

自宅から海が近くにない、山のほうが気楽だという理由から、渓流釣りをはじめてみたい人もいるかもしれません。ですが、渓流釣りはちょっと注意です。

もちろん山を登って行くわけですから、それなりの装備が必要です。車が入っていける場所ばかりではありませんし、釣り用具一式をかついで山を分け入るのには相当な体力が必要です。

ですから、渓流釣りを楽しみたいと思ったら、やはりキャンプ場などがやっているパックを利用するのがいいでしょう。もちろん釣り道具は貸してくれますし、イワナ、ニジマスなど、自分が釣りたい魚に合わせて場所を選ぶのもいいかもしれません。

一度、二度パックで釣り放題を楽しんだら(渓流の場所を区切って魚を放流してくれるので、いわゆる釣堀状態のパックが多い)、今度はそこの周辺を中心に一人で出かけてみたくなると思います。

また、ここまで時間やお金がとれなくても、都内近郊に釣堀がいくつもありますので、まずはそこからはじめてもいいかもしれません。一時間300円くらいから1,000円ほどで、釣れる魚によって値段が変わります。

釣れた魚はもちろんお持ち帰りできますし、釣り竿も無料貸し出ししているところも多いです。隣り合ったほかのお客さんに「初心者なので、いろいろ教えてください」なんて言ってみると、案外詳しく教えてくれるかもしれませんよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加