> 趣味・ライフスタイル > 恐怖で身体が動かないほどのトラウマも克服出来るマル秘テク!

恐怖で身体が動かないほどのトラウマも克服出来るマル秘テク!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.21

私は元来、感受性が強く、何か望ましくない事が起こると、それを真摯に受け止めてしまう性格なので、若い頃はそれで苦労しました。トラウマティック・・・過去の心の傷から解き放たれる事なく、長期にわたり苦しめ続けられる現象の事で、最悪一生抱えたまま死んで行く人もいます。

これは非常に苦しく悲惨な人生です。どうにか克服したいと思っていても、どうすれば克服出来るのか分からない人も多いでしょう。今日は私が、トラウマを乗り越え自分を解放する3つの奥義をお伝えします。是非是非、このアイデアを吸収して、自由で平和な人生を謳歌してください。

1:まずはトラウマとなっているものが何かを見つめてみる

現在の自分は過去の自分の集積であり、親から与えてもらった器を自分の心が育てていった結果であります。それが望ましくない自分であったとしても、それはあなたの選択していた結果であり、あなた自身です。もっと突っ込んで言及するなら、その時のあなたの思考の集積であり、あなたの人格などとは別のものです。

その事が起こり、あなたはそのときそう思った。例えば、いじめられてやり返す子供もいれば、反抗出来ずに登校拒否になったり自殺する子供もいます。軽度のいじめなら、いじめられている事にも気づかないとか、気にしない子供もいるでしょう。

そしてその時の思考が大人になっても根強く残ってしまい、自分はいじめられやすいタイプだからとか、弱いからと自分の価値を不当に評価してしまい、その思考が現在の自分を更に作りあげ、望ましくない人生を自ら望んで歩んでしまっているという矛盾が生じてしまう訳です。

さてさて、自分の人生をよりよいものにするためには、このトラウマをどう乗り越えるかが非常に重要な鍵だとご理解いただけたと思います。今回は多くの人が経験する「いじめ」を題材にトラウマの乗り越え方について触れて行きます。

では、なぜあなたはいじめられたのか。いじめられた時、自分はどのような状況にあったのか。例えば病気で抵抗出来なかったのか、それとも大勢に力づくで押さえつけられ、抵抗出来なかったのか、単に抵抗する勇気がなかったのか。

いじめられた=不快に感じた時点で、対処法を考えず実行に移さなかったためトラウマ=後悔としてあなたの心の傷となってしまった訳です。まずは何がトラウマの原因になっているか、あなたの現在の行動を抑制しているものは何か。あなたの自己評価を下げている理由がなんなのか、徹底的に追及していきましょう。

2:受け入れる

自分の力が及ばないものであったのなら、さっさと手放してしまいましょう。例えば1対3人で敵う人などよほど強い人でないかぎり普通はいませんし、多勢に無勢というのは卑怯で弱い人間のやり方です。耐え抜いたあなたの方がよっぽど強いんだという思考を受け入れましょう。

そしてあなたは同時に、自分はこんな事は絶対にしないという優しさも学習しました。いじめられてよかったと思う事は出来ないかも知れませんが、学習した事があったと気持ちを切り替えるよう日々訓練していくのです。こびりついた恐怖感や不安感はちょっとやそっとじゃぬぐい去る事は出来ません。

ただ、この日々の訓練により確実に受け入れる事は出来るようになります。過去や人、天災など、変えられないものに力を使うのではなく、自分が変わる。そうする事で、自分をいじめていた人間に対しての評価が時間を追うごとに変わってくるはずです。

そこまで来られれば後は手放すだけです。自分はこんなくだらない事のために時間を使いたくはない!もっと趣味や楽しい事、大切な人に時間を費やしたいと思うようになるはずです。

強くなりたいと願い、例えばいじめられっ子だった子供が格闘技で世界チャンピオンになったりする人もいますが、彼等も精神的にそのいじめを乗り越え世界最強の人間になりました。いじめられた過去を肯定的に乗り越えたとても良い例ですね。

チャンピオンになるもっとずっと前に、彼等はそんな過去は乗り越えていると思いますが、私たちもその段階に至る事は出来ます。別に世界チャンプになる必要などはなく、許せない人間を許せるようになる事が強さの証明なのです。

3:自信に変えてしまう

受け入れ乗り越えた後に待っているものは、圧倒的な自信です。同じ事が起こったとしても、自分にははねのける勇気も力もあるという事と、乗り越えられる強さも手に入れる事が出来ます。よく、神様は乗り越えられる課題しか与えないという話を聞きますが、これは裏を返せば、どんな問題もマインドセット次第で必ず乗り越えられるという事です。

トラウマの辛さは私も嫌というほど経験してきましたし、苦しくて不安で恐くて、行動に移せないというのはよく分かります。ただ、勝つ必要はなく、受け入れその問題を客観視できるほどにまでなれれば、あなたは真っ暗な獄中から解放される事になります。マインドを切り替える。そうする事でどれだけの方がトラウマから救われるか分かりません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加