> 趣味・ライフスタイル > 単身引越しに!もっとも安くて快適な引越しはセルフ?業者?

単身引越しに!もっとも安くて快適な引越しはセルフ?業者?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.03

2014y03m01d_213748999

引越しは、誰でも経験する場面です。しかし、引越しに多くの費用がかかってくるのも避けられない事実で、これがあることによって引越しが快適にできないのも事実です。そこで、今回はなるべく単身引越しを安く快適に済ませる方法について考えていきましょう。

引越しはなぜ多くの出費がかかる?

引越しをする上でとても重要となるのが費用です。引越しは人生の中で誰もが経験することではありますが、毎回まとまった出費を必要とするため、なかなか頻繁に引越しをすることはできないでしょう。

引越しにかかる費用もそうですが、引越しにかかる手間や賃貸契約の期間などもあるため、頻繁に引越しというわけにはいかなくなってしまうのが現状です。では、そもそもなぜ引越しには多くの費用がかかってしまうのでしょうか?

引越しにかかる費用は、大きく分けてその引越し自体にかかる費用と、賃貸契約にかかる初期費用、引越しの家具家電を揃えるのにかかる費用などがあります。その中で最も大きいのが、単身引越しにおいては初期費用です。

賃貸契約の初期費用は、家賃の5~6倍とも言われているくらい高額なものとなります。また、引越し自体にかかる費用もさることながら、家具家電を揃える費用も高額になるでしょう。洗濯機やテレビに冷蔵庫など、大型家電を揃えるだけでも数万~数十万円にも上ってしまいます。

値引けるものはなるべく交渉を!

そこで、これらの費用をしっかりと節約していくことで安い引っ越しをまず考えていく必要があります。単身引越しで案外大きな出費となってしまうのは、家具家電などを揃えていくのにかかる費用です。値段交渉も大切ですが、まずはじめにこの家具家電などの生活必需品をいかに安く揃えていくかを考えていきましょう。

冷蔵庫や洗濯機、テレビなど大型家電も含めて、これらを全て新品で揃えていこうと思うと、膨大な費用になってしまいます。それこそ10万20万円とかかる世界になってしまいますから、なるべく可能な限り中古で揃えていくといいでしょう。

最近の国内家電は性能がいいですから、中古でも案外長く使っていけます。そして、リサイクルショップやインターネットを利用することで、多くの種類や値段の中から選ぶことができます。ネットで購入する場合は送料も高額になってくる可能性があるので注意が必要ですが、可能な限り中古で揃えていくことで、どれだけのものを購入するかにもよりますが、10万円以内には収まるでしょう。

賃貸契約の値引交渉

また、引越しにかかる一番の費用は賃貸の初期費用ですから、これらを値引いていくことで引越しにかかる費用をかなり安く抑えていくことができます。初期費用で一番大きな痛手となるのが、敷金礼金です。それぞれ家賃の1ヶ月分となっていることが多く、敷金は賃貸入居に際する担保として、礼金はオーナーへの感謝の気持ちを込めて支払われるのが普通となっていますが、現在では賃貸物件は各地に溢れていますし、礼金という古い風習が今も続いているのはおかしなことです。

敷金も1ヶ月分の賃貸であれば、契約期間満了後に通常は戻ってくる費用ですし、問題はないのですが、中には数ヶ月分の賃貸も存在します。これを1ヶ月分にしてもらうよう交渉していくことは十分に可能だと思います。

また、その賃貸に入居してから一番の痛手となるのは、やはり家賃です。家賃をはじめの契約のうちにしっかりと話し合って値引くことができれば、たった数千円でも年間で数万円、2年間を通して10万円以上になることも少なくはありません。しっかりと交渉できるものは交渉していって、なるべく安くて快適に生活を送るようにするべきです。

引越しプランと値引交渉

値引交渉をする上で大切なのは、自分本位になったり上から目線にだけは絶対になってはいけないということです。相手も人間ですから、嫌いな人間や不快な人間には、まけてくれるはずもありません。それどころか、そういう客にはもともと見積もり額をかなり高めに言っておいて値引きしてもまだ高いくらいにする場合もあるようです。本当に安く引越しをしたいと思うのであれば、自分の味方となってくれる不動産業者とは良くしておくべきですし、人と人とのコミュニケーションを重視していかなければいけません。

引越し自体にかかる作業費を単身引越しで値引交渉しようとするのは、ズバリ言ってかなり難しいです。単身引越しの場合は、どの業者も引越しプランやパックコースを利用する場合が多く、あらかじめ可能な限り必要のないものは削られていますから、それ以上値引きするということが難しかったり、そもそも交渉の場すらなかったりします。単身引越しで料金をうまく下げていきたいのであれば、交渉よりもいかに安いコースを使って、自分も可能な限り引越しを手伝うかということを考えた方がいいと思います。

単身者のセルフ引越しは一番安上がり!?

単身者で近場の引越しであれば、最悪自分自身でも引越し作業ができてしまいますし、友人に頼んでセルフ引越しをされた経験のある方も少なくはないのではないでしょうか?しかしこのセルフ引越し、本当にオトクだと言えるでしょうか?

自分自身で引越しをする場合、全く費用がかからないということはまずあり得ません。たいていの場合、荷物を運ぶためのバンや軽トラなどをレンタルしなければいけなかったり、友人に肉体労働をさせておいて一切謝礼を払わないというのは常識的に問題です。つまり、何かしらの出費がセルフ引越しでもかかってくるわけです。

それにプラスして、セルフ引越しにはリスクも大きく付きまとうものです。もし自分や友人が引越しの際に賃貸の壁や備品を破損させてしまったら?もし外で他人の所有物に傷をつけてしまったら?と考えると、決してセルフ引越しが一番お得とは言い切れません。それなら安い引っ越しプランを頼んで大がかりな荷物だけ業者に運んでもらい、小さくて軽い荷物は自分で運ぶというようにした方が、リスクもコストも最小限に抑えられるのではないでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加