> 趣味・ライフスタイル > 本気でスポーツクラブに通うなら!男性が使うべきシューズの選び方

本気でスポーツクラブに通うなら!男性が使うべきシューズの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.08.16

男性の皆さん、スポーツクラブに通っている、もしくはこれから通おうと計画している、という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

大人になり、社会人に、ビジネスマンになってしまうと、学生の時のように自由な時間がたっぷりある、という訳にはいきません。一日の時間の大半は仕事のために費やすことになります。

朝起きてから、夕方までは働き詰めで、仕事が終わってからも職場の付き合いで飲み会に連れだされたり、終わらない仕事を片付けるために残業をしたりと、ろくに休む暇もなく行動することが増えてしまうのがビジネスマンというものです。

しかし、長時間労働をする割には、ビジネスマンというのは運動をしないものです。営業職で頻繁に外回りをするのであればまだしも、内勤ばかりの方は、せいぜい自宅と職場の往復をする程度のもので、一日の業務の殆どを自分のデスクの前で行っているでしょう。

年齢を重ねるごとに人間の代謝は下がります。大人の付き合いとしてお酒の機会が増え、脂っこい食べ物もたくさん食べる割に、日中はそれほど動かず代謝もどんどん下がっていく。

そんな生活ではすぐに太ってしまいます。そんな事態を打破するために、もしくは予防するために、少ない自由時間をやりくりして、スポーツクラブに通うのは素晴らしい選択です。

ただ、スポーツクラブの利用に慣れていない方にとって、スポーツクラブというのは未知の場所ですよね。今回は、スポーツクラブで使う、男性向けシューズの選び方についてご説明させていただきたいと思います。

シューズ選びはとっても大事

スポーツ用のシューズ選びなんて、屋内で運動するだけなんだからそんなに悩むものじゃないのではと思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、屋内のスポーツであっても屋外のスポーツであっても、シューズ選びというのは非常に大事なものなのです。

人間は二足歩行をする生き物です。大抵の運動というのは、基本的に立った状態で行いますよね。サイクリングにしてもランニングマシンを使うにしても、エアロビなりダンス、ボクササイズをするにしても、足を使って移動するということは変わりません。

そして、皆さんが思っている以上に、運動による足への負担というのは大きなものです。毎年行われている24時間マラソンを思い出してみて下さい。

殆どの24時間ランナーは、疲労ではなく足の痛みに涙を見せますよね。ただ走るという動作だけなのにも関わらず、実際には足にとても大きな負担が掛かっているからこそ足が痛みを発するのです。

ランニングマシンを使うことを考えてみましょう。跳ねるようにしながら前へと進むことになる訳ですが、一歩一歩足を踏み出す度に、片足に全体重が掛かりますよね。それも、普段から掛かっている体重に加えて、走っていることによる慣性や、走って体が浮くことによる衝撃もプラスされています。

シューズ選びを適当にしてしまうと、シューズの中で踏ん張ることが出来ずに力をロスしたり、靴ずれを起こしたり、膝や腰に不要な負担を掛け、結果的に怪我をしてしまうことに繋がるのです。

健康のために運動をして、その運動で怪我をしては本末転倒です。シューズ選びというのは、怪我を防止するためにも吟味するべきものなのです。

スポーツクラブで使うシューズの選び方

一口にスポーツシューズと言っても色々ありますが、基本的に誰でも名前を知っているような国産のブランドのものを購入するのがオススメです。

そして、出来れば価格の安いオンラインショップや通販などで適当に決めてしまうのではなく、お近くの大きなスポーツショップに行って必ず試履をして下さい。

スポーツ時に使うシューズは、普段靴のようにぴったりサイズではいけません。走っていて止まる時など、靴の中でどうしても足先がずれてしまうことがあり、ぴったりサイズのものだと爪の中が内出血してしまったりするからです。

かと言ってサイズの大きすぎるものもダメです。踏ん張ることが出来ずに転んでしまいます。目安としては、自分の足のサイズにプラス0.5センチのものを選びましょう。

ただ、メーカーによって微妙にサイズ感というものは違います。外国ブランドのスポーツシューズは足の甲が狭いものが多く、長時間履いていると痛みを感じてしまう場合もあるのです。

大きめのスポーツショップであれば、足のサイズを正確に測って、足の形にあったブランドとサイズのものをオススメして貰うことが出来ます。

後はオススメされたもの、試履をして動きやすかったものの中から、気に入ったものを選べば良いのです。見た目も大切ですが、何よりも重要なのは動きやすさ、快適さなので、長く怪我をせず運動するためには履き心地を重視しましょう。

デザインが気に入らないものでも、使い続けていれば愛着が湧いてきます。選んで購入したシューズで、思い切り運動して健康になりましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加