> 趣味・ライフスタイル > 教えます、男のスポーツクラブ利用のイロハ!入会初日の服装は?

教えます、男のスポーツクラブ利用のイロハ!入会初日の服装は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.08.04

最近運動不足だし、何となくお腹もたるんできている気がするし、ここは一つ健康のためにも肉体のためにもスポーツクラブに入会してみようかな、なんてふうに考えている男性の皆さん、もうどこのスポーツクラブに入会するのか決めましたか?

スポーツクラブを利用するメリットはたくさんありますよね。やはり健康のためとは言っても、自分一人で日々黙々とトレーニングをするというのは、ビジネスマンにとって結構面倒で大変なものです。

毎日一時間朝早く起きてランニング、なんてことが出来るのは、ごくごく一握りの元気な方だけでしょう。とりあえず一度は予算をかけずにトレーニングしようとして、挫折してビールのプルトップを開けてしまった方も多いのではないでしょうか。

予算がある方、そして余り時間のない忙しいビジネスマンにとって、運動のためにあらゆるものが用意されているスポーツクラブは理想的な環境です。

ただ、スポーツクラブに入会して実際に利用したことが無い、という方にとって、入会を決めたは良いもののどうして良いか分からない、なんてこともありますよね。

そもそもの話、どういうスポーツクラブが良いのか、そこでどんな運動をすることが出来るのかもよく分からずに入会してしまう男性も多いのです。

とはいえ、分からないからとせっかく入会したのに利用するのを尻込みしているのはもったいないですよね。そこで、まず第一の疑問点、殆どの方が一度は悩むであろうスポーツクラブの服装についてご説明させていただきたいと思います。

男のスポーツクラブ利用のイロハを教えます。

着替えは必要です

皆さんがどんなタイミングでスポーツクラブを利用するのかは分かりませんが、仕事帰りにスーツのままスポーツクラブに飛び込むのでも、休日に私服でスポーツクラブに飛び込むのであっても、必ず着替えは必要です。

そして、スポーツクラブで使う服装というのは、動きやすさを第一にしてください。スポーツクラブ入会時にも大体言われることなのですが、入会すると動きやすい服装でお願いします、といった感じでアドバイスが貰えます。

ただ、実際にどういう格好をしていけば良いのか、積極的にクラブを利用したことが無ければ分かりません。

ですので、動きやすい服装というものを自分なりにイメージしてみましょう。いかがでしょうか、動きやすい格好と言われて、皆さんはどういう服装が良いと思いますか?

基本的に、運動をすることになりますので、革ジャンやライダースのように動きにくい格好でスポーツすることはオススメ出来ません。

スポーツクラブに行くまでの道のりでは、スーツでも私服でも女装でもどんなものでも構わないのですが、中で運動することによって必ず汗を掻きますので、汗まみれのまま帰らなくても良いように、着替えを用意しておく必要があるのです。

そんな一般的なルールに縛られねえ!と普段着のジーンズにネルシャツなどで運動するのは自由ですが、最終的に困るのは自分ですのでオススメされたものを使用しましょう。

では、具体的にどんな服装が望ましいのでしょうか。

男がスポーツクラブを利用する時の服装

動きやすさを第一としますので、季節にもよりますが、基本的にはジャージとTシャツをメインとしておけば問題ありません。

Tシャツを選ぶ時は、もちろん私物として持っている、一般的なプリントTシャツやデザインTシャツでも構わないのですが、運動用に作られていないTシャツは汗の吸収率や速乾性に難があるので、出来れば大きなスポーツショップなどで販売されている、吸湿速乾性の高い運動用のものを使用しましょう。

そんなに高いものでなくても結構です。安いシャツでもほつれたりくたびれて来れば新しいものを買えば良いだけですし、何より頻繁に洗濯することになりますので、シャツの品質にこだわっても仕方がありません。

メリットとして、吸湿速乾性の高いTシャツは、室内干しにしてもすぐに乾くので、洗濯の面倒さが余りない、というものがあります。大量に用意しなくても、数枚持っておけば十分スポーツクラブで使用することが出来ます。

スポーツクラブの中では汗を掻きますので、寒がりな方でなければ、一年中Tシャツとハーフパンツ、という格好でも問題ありません。寒いのが嫌だなと思うのであれば、ノーブランドのものでもブランドものでも構わないので、長袖のジャージを上下で揃えておきましょう。

スポーツクラブでの服装で、デザインを気にする必要はありません。気に入ったものであれば奇抜なものでも十分です。しかし、周囲から浮きたくないのであれば、一度中を見学してみましょう。

スポーツクラブと言っても、施設によって雰囲気はそれぞれ違います。周囲の人たちの服装に合わせて、スポーツブランドのジャージでも買っておけば、浮くことはありません。

あくまで運動をしやすくするためのもの。好きな格好をしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加