> 趣味・ライフスタイル > スマホのアプリ活用してる?仕事や毎日に役立てる些細な機能のすすめ

スマホのアプリ活用してる?仕事や毎日に役立てる些細な機能のすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.07

2014y03m07d_131603839

スマートフォンが普及してからというもの、非常に便利な社会になりました。ネットワークの発達はもはやパソコンだけでなく、スマホを利用しても便利な機能を利用できる時代です。そこで高度なスマホ端末をフルに利用していくために、生活や仕事に役立てられる便利な機能を見ていきましょう。

スマホは生活や仕事に便利なツール

スマートフォン端末は高機能携帯端末と呼ばれ、今までのガラパゴス携帯ではなし得なかった便利な機能をたくさん使うことができます。インターネットの利用もガラケーではその携帯専用のサイトでしか見ることができず、実質ほとんどの情報を得ることができませんでしたが、スマホではそういった制限もなく、パソコンと同じかそれ以上に多くの情報をネット上から得ることができます。携帯電話のパソコンとの連動性も高まりましたし、音楽や動画などもより快適に視聴できるようになりました。

そして、スマホの便利な機能としてアプリというものがあり、パソコンのソフトのように自分の使いたい物をインストールして利用することができます。スマートフォンはもはや単なる携帯電話ではなく、必要に応じて様々な機能を便利に利用できるような高機能端末へと進化したのです。こうした様々なアプリや、もともとスマートフォンに入っている便利な機能を使って、非常に多くの生活や仕事に便利なツールを使うことができます。スマホを持つ上で、これらの機能に目を向けないのは大きな損です。

スリープサイクルで毎日の快適な睡眠を管理!

スマートフォンで便利に利用できるアプリの一つとして、目覚ましアプリがあります。今までのような時間になったらジリジリとベルがなるというようなアプリではなくて、睡眠のサイクルにあわせて最適なタイミングで目覚ましをかけてくれるという一歩進んだ目覚まし時計です。睡眠にはサイクルがあり、レム睡眠やノンレム睡眠などというそれぞれ役割の違う睡眠形態が交互に繰り返されています。そして、これらの睡眠の1サイクルはだいたい90分となっています。

ノンレム睡眠は深い眠りに入った状態で、レム睡眠は浅い夢を見ている眠りの状態と言われていますが、睡眠の段階のうちでレム睡眠の状態に目覚めた方が、目覚めやすくその後の活動もしやすいということがわかるかと思いますが、スリープサイクルではセンサーで寝ている状態を識別して眠りの浅い状態の時に起こしてくれます。そのため、快適な状態で目覚めやすく、起きたあとの活動もしやすくするというのが狙いです。

睡眠は質が大切ですし、時間がない時の眠りだとしても毎日の目覚め方次第で快眠度が変わってくるでしょう。多忙な現代社会で、こうした先進の目覚ましツールはおすすめです。

メモやボイスレコーダーを活用していく

スマートフォンにはメモやボイスレコーダーなどが入っています。これはガラケーの時代からも入っていましたが、スマホの方が画面も大きく、確認も記入もしやすいのではないでしょうか。何か大切なことがあればその都度スマホのメモ機能にメモしたり、リマインダーを使えば、たとえばいつ何時頃に何をしなければいけないのかを記録しておくことで、その前にお知らせしてくれたりします

多忙な現代社会では、やることもいっぱいありますし、覚えなければいけない事もたくさんあってついつい忘れてしまいがちです。買い物に来たのに何を買うのかを直前に忘れてしまって、買ったあとに「あれも買ってくるんだった!」と思い出すことは多々あります。こうした時にメモやリマインダー、さらには思いついたものを素早く口で喋って録音するにはボイスレコーダーがベストでしょう。

ストップウォッチとタイマーで仕事の効率化を

また、スマホの機能は仕事や日常生活における作業の効率をアップさせたり、管理していくのにも便利に活用できます。ストップウォッチの機能を使えば、仕事や日常生活の作業にかかる時間を計測して記録することができます。

仕事などで同じ系統の作業を何回も行うのであれば、ストップウォッチのラップ機能を使えば、その都度、どれくらいの時間がかかったかを目で確認することができますから、効率がどの程度アップしたかや、逆にどの程度落ちてしまったのかなどの確認を目ですることができます。

こうした機能は作業効率を上げていくだけでなく、普段おこなっていることの意識を高めるのにもとても効果的ですし、何よりもスマートフォンとして手軽に持ち運べるものにこうした機能がついているからこそ、非常に便利です。タイマーを利用すれば料理の時間などを計測することができるのはもちろんのこと、近年ではタイマーのアラームに自分のボイスメモを入れることができるアプリも存在しますから、ますます便利で快適に使うことができます。

マップとコンパスを便利に活用する

また、スマートフォンとして、今までのガラケーよりも飛躍的に便利になった機能の一つとして、マップやGPSを使った機能があります。ガラケーではこうしたサービスが有料であったり、一部の機能しか使えなかったりしましたが、スマホでは便利なマップもナビゲーションも無料で利用できて、実質一人で車を運転するのでなければ、カーナビも必要なくなってしまうのではないでしょうか?

マップを利用すれば、GPSの位置情報システムを利用して素早く現在位置を確認することができます。最近ではまったく行ったことのない目的地でも、住所とこのマップさえあれば誰でも気軽に素早く足を運ぶことができてしまいますし、マップに搭載されているナビゲーション機能を使えば、車の運転中でも便利です。

さらに、iPhoneにはコンパスアプリがプリインストールされており、これも同じくGPS機能を使って便利に現在の方角を知ることができます。もし、地図の見方がわからない人でも、方角さえわかれば、現在どちらを向いて走っているのかが一目で分かるでしょう。

まだまだ、スマートフォンには些細ですが、紹介しきれない生活や仕事の中で便利な機能が盛りだくさんで、それは今後もより増えていくでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加