> 趣味・ライフスタイル > 出来る限り楽して幸せに生きるマル秘奥義

出来る限り楽して幸せに生きるマル秘奥義

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.14

世の中には、頑張れば頑張るだけ幸せになれると思っている人が非常に多いです。しかし、実際はまったく違います。

わたしの知っている人では、寝転びながら月収数百万円を毎月自動で手にしている人もたくさんいますし、彼等は本当になにもしていないでお金が入ってくるのだそうです。

ただ、そこまでなるには、それなりに頑張ったといっていましたが、おそらく世の中の死ぬような思いをして働いている人達から比べたら、そこまでの努力はしていないとの事です。

なので、結局のところ、幸せになる方法を知っているか否かという事であり、それを知ってさえいれば、楽して幸せになる事は可能なのです。

なので今日は、出来る限り楽して幸せに生きるマル秘奥義についてお話ししようと思います。どうぞ最後までおつきあいいただき、すばらしい人生を手に入れてください。それでははじめようと思います。

まずは頑張れば幸せになれるという幻想を捨てる

冒頭でも挙げましたが、頑張れば幸せになれるというのは幻想です。もちろん、お金持ちになる事がすべてはありませんが、お金があって困る人はおそらく皆無ですし、お金さえあればという場面には、一般の人達でも幾度となく面して来たはずです。

お金で9割の事は解決します。つまり、お金があればとても楽に生きれるようになるという事です。これは幸せになる大きな要因と言えるでしょう。

よく成功している人達は、お金がお金を産むという表現をします。お金を作り出す教材やセミナーに投資したり、すぐれたビジネスモデルに投資したりする事で、お金がどんどん舞い込んでくるという状態を作り出せるのだそうです。

これは後述するレバレッジをきかせるとゆう章で詳しくは説明しますが、自分ひとりの力では限界があるため、ある昇りのエスカレーターに乗っかるという方法を駆使して成功するのです。

そうすれば血反吐を吐くような努力をせずに、楽に成功出来ます。たとえば、子どもの頃から、素直で理解力があり頭の良い子だと、得する事は多いです。

周囲の大人達を観察し、彼等から何を学べるか、どうすれば彼等のように出来るのかを観察できる子どもがいたとしたら、彼はものすごい大人になるでしょう。

わたしなどは、遊んでばかりで、そんな事は考えもしませんでしたから、だめでしたね(笑)それに、この人は嫌いだから避けようというのではなく、この人から何を学べるのか、なぜ神様はこの人とわたしを出会わせたのかと考えるようにすれば、かなり高い確率で自分も成長出来ます。

イヤな人間や関わりたくない人間なんてたくさんいますから、そこを回避してばかりではいつまでたっても成長する事はないですからね。

話は少しそれましたが、頑張ってもその努力が正しくなければ、どれだけ莫大な時間と労力を使おうが、すべて無駄になるという事は気づくべきです。

頭や容量が悪いといわれている人のほとんどはこれに該当します。自我にこだわるのではなく、どうすれば幸せになれるか、どうすれば問題が解決または改善されるのかを考えて生きましょう。

ポイントをおさえる

わたしの中学の時の友人は、本当にすぐれた人間ばかりでした。彼等はたいして勉強しなくてもいつもクラスで上位に入っており、一緒に勉強した事もあったのですが、みているポイントが違うようでした。

わたしは、教科書の隅から隅まで完璧に覚えてようとして、結局頭に入り切らず、よくても80点後半どまりでした。

逆に、わたしの10分の1の時間と労力で、彼等は90点後半以上の成績をとっていました。彼等は部活や遊びに恋愛と、いろんな事を楽しんでいましたから、本当に勉強量はわたしよりもはるかに少なかったと思います。

彼等の勉強の仕方ですが、彼等は、授業で先生が大事だよといったところを集中して勉強していただけでした。

あとは教科書に書かれてある黒字のところを理解して、全体的な流れを把握。そして概要をつかみ、どんな問題がきてもこなせるような柔軟な理解という勉強方法をおこなっていたのです。

なぜこれが出来るのかは分かりません。彼等の両親が賢いのか、勘がいいのか、教わった先生との出会いが良かったのかはわかりませんが、彼等はそのポイントに気づいていたわけです。

わたしにはどれだけ教えられてもそのポイントは見えて来ませんでしたが、大人になって、いろんな人と出会い価値観を崩して行く過程でようやく、その方法が見えて来たというわけです。

このポイントさえわかれば、あとはそこをそのままやるだけなんです。そのポイントというのは、「成功者を真似る」という事です。

その分野で成功している人をそのまま真似るだけで、勉強でも人生でも90点後半の成績は残せるわけです。別に100点をとる必要はありませんからね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加