> 趣味・ライフスタイル > お金を印刷するスキルと呼ばれるコピーライティングとは?

お金を印刷するスキルと呼ばれるコピーライティングとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.27

「コピーライターって普通の仕事じゃないの?」確かに普通の仕事です。コピーライターといっても、文章を書く人をまとめた言葉で使われることが多いため、どんなことをしているかが明確ではありません。雑誌や新聞、ネット上の文章など、書くことを仕事にしている人はコピーライターと呼ばれます。

ですが、海外では、コピーライティングはお金を印刷するスキルと呼ばれるほど重宝されるものです。そんな大げさなことには見えないかもしれませんが、ある特定のコピーライターが書いている文章を知れば、それも納得できるかもしれません。

たった2ページの広告が5000億円!?

コピーライターとしてお金持ちになっている人は、特に海外では沢山いて、その人たちに共通することは、セールスレターなど商品やサービスの価値を伝える文章を書いているということです。

それは、文章の良し悪しによって売り上げが変わってくるので、大企業などのセールスレターを書いている優秀な人は、会社の生命線ともいえる存在なので、大きな報酬をもらうことが出来ます。

そのように、実際に売り上げに結び付かないものを書いているコピーライターはそこまで大きな報酬を得ることは出来ないかもしれませんが、ビジネスを分かっている人は、どれだけ人に伝える文章を書くことが大切かを分かっています。

海外では特にコピーライティングのスキルは重視されていて、「copy is king」といわれるほどです。ある有名な会社が出した広告では、たった2ページのストーリー調の文章が、なんと5000億円の売り上げを叩き出すなど、一流になればなるほど偉業とともに報酬も大きくなります。

それだけではなく、募金やリクルートといった売り上げとは違ったことでも、コピーライティングのスキルがあれば、より沢山のお金を集めたり、より優秀な人材を集めることが出来たりと、重要な役割を果たします。

コピーライティングは難しい?

こう聞くと、それだけ価値あるスキルならマスターするのは難しいだろうと感じる人もいるかもしれません。確かに、専門的なことは沢山あり、それら全てをマスターするのは難しいかもしれませんが、初心者でもやり始めるとどうやって書けばいいのかがだんだんと分かってくるようになります。

小学校の作文を書くのが苦手だった人も、書く流れと書くポイントさえおさえれば、作文のように創造的にならなくても書くことが出来ます。商品やサービスを販売するために必要なセールスコピーの流れは、まず見てもらうことから始まります。

街を歩いてみて分かるのが、沢山の広告があちこちにあるのが分かります。ですが、そのどれもがありすぎていて、もはや広告の存在を忘れるぐらい、広告自体を見ている人は少ないのではないでしょうか。

そうした中で、広告にとって大切なことは「見てもらうこと」です。見てもらうことが困難な状態で見てもらうには、出来るだけ目立たせて注目してもらうことが大切になります。沢山広告が並んでいる中で、小さい字でびっしり書いていても、誰も見てくれないでしょう。

それよりも、自分がお客さんにしたい人が一目見てとても気になる一言を大きな字でバシっと書いてあれば、見た人は「なんだ?」と思って、その広告が見られるようになります。こうした小さなことが、実は大きなことになる可能性があるのです。

ライティングの本質は、コミュニケーション

コピーライティングの勉強をしている人にありがちなことは、文章ばかり勉強するということです。もちろんそれは大切ですが、コピーライティングの本質は、コミュニケーションです。トップセールスマンのセールストークをそのまま文章にすれば売れるといわれるように、1対1のコミュニケーションが基になります。

なので、文章でいくら上手いことを書いても、心が相手へ文章が伝わるかの鍵になります。いくら口で上手いことを言っていても、気持ちが自分勝手なことを考えたりすると、それは相手に伝わるように、文章でも同じ現象が起こります。

それは、同じ文章を書いていても、人間はどこか感じるものがあり、なんか胡散臭かったりすると、文字を読んでくれません。なので、良い文章を書く前に、人間としてどう在るかがとても大切になります。

良い文章をかけなかったとしても、その人が信頼出来る人であれば、ついてくる人はいます。セールストークが嫌われがちになるのは、セールスをしている人の心が「売りつけてやろう」「もっと稼ぎたい」といった自分本位の考えの人が多いからです。

本来、セールスというのは、売る側も買う側も満足するもの、もっといえば買う側が欲しいものを売る側がただ説明したり、お勧めしたりするものです。そうしたセールスの本来の形に戻り、文章をかけば、相手に伝わる文章を書くことが出来るでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加