> 趣味・ライフスタイル > 人生がうまくいく!ポジティブ心理学

人生がうまくいく!ポジティブ心理学

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.12

みなさん、最近ネガティブになったりしていませんか。お金のこと、仕事のこと、人間関係、消費税の増税などの社会情勢・・・そんな時には、ポジティブな気分に切り替えたいですよね。そこで、今日は、ポジティブで幸せになるための学問、ポジティブ心理学についてご紹介いたします。

1.ポジティブ心理学とは

まず、ポジティブ心理学とは、何でしょうか。ポジティブ心理学とは、心理学の1つの分野で、通常の人生をより充実したものにするための学問のことを言います。主に、アメリカで研究が進んでいる分野で、日本ではあまり研究は進んでいません。

この学問は、従来の心理学などが、精神的な病気などを治すためのものであったことを反省し、より良い人生を送るためにはどうしたらよいのか、ということを科学的に検証しようとしているものです。

なぜ、このような学問が提唱されてきたか、と言いますと、精神的病気を治したところで、その人が幸福になるわけではない、という点が出発点だったようです。我々は、“不幸ではない”人生を送るべきではなく、“幸福な”人生を送るべきである、と。

もちろん、“幸福感”というものが何なのか、という点については、感覚的な部分が多分にあり、一概には言えません。が、しかし、ポジティブ心理学の学者曰く、共通する感情のようです。

たしかに、我々の過去の記憶をたどっていけば、“幸福感”があった時の気持ちというものは見つかります。例えば、誰かに褒められた瞬間や、初任給を受け取った時、誰かと恋愛をした時、結婚をした時、子供が生まれた時…どうやら、幸せを感じるにはコツがあるようです。

ですから、仮に以下の方法で、幸せになれるのであれば、もうけものぐらいに考えてみてはいかがでしょう。安価で、大して時間もかかりませんから、だまされたとしても大した被害にはなりません。

2.1日の良かった点を書3つき出す

まず、毎日、1日に起こった良いことを3つ書き出すという作業をしてみてください。どんな些細なことでもいいです。もちろん、3つ以上あれば、3つ以上書けばいいですし、仮に3つ思いつかなければ、無理にする3つにする必要はなく1つでも2つでも構いません。

実際に、この作業を1箇月続けたところ、うつ病の指標となる数値(良くある、うつ病チェックだと思ってください)が改善したという実験結果があります。

こういった、メモは、自分の生活の良い点を再確認させてくれる効果があり、不幸な点から目をそらし、自分が幸福に思う点に集中させる効果があるため、うつ病スコアを減少させると考えられています。

しかし、「毎日するとなると、めんどーくさい」と思う方もいらっしゃると思います。こういった方のために、以下にテンプレートを用意しておきました。

・よく眠れた
・ご飯が美味しかった
・御馳走様と言った
・通勤中、ちょっとだけ運動をした
・コンビニの店員さんに「どうも」とか「ありがとう」と言った
・すごい美人(イケメン)を見かけた
・問題なく1日が終わった
・仕事を頑張った
・子どもと遊んだ
・快便だった
・読書した
・褒められた
・落し物を拾った
・席を譲った
・ひいきのチームが勝った
・・・

どうしても思いつかなかったら、上記のテンプレートの中から、選んでちょっと肉を足して書いちゃってください。ある程度習慣化し、物足りなくなったら、増やしていけばよいのです。

こうすることで、だんだん今までの良いことが習慣化し、さらにもっと新鮮な良いことを見つけることができるきっかけにもなります。

3.家族と1日の良かった点を交換する

次に、家族がいらっしゃる方であれば、家族と今日あった良いことを交換すると、幸福感が増します。ただ、日本のいい大人が両親とこういったことをいきなりするのは、難しいので、恋人や子供と交換するのがいいかもしれません。

例えば、子供に今日どのような良いことがあったかを聞き、その時の子供の気持ちを言ってあげれば、良いコミュニケーションになります。

反対に、自分のことも子供に話し、子供に「それはよかったね」と言ってもらえるようになれば、子供のコミュニケーションの練習にもなります。

4.失敗の克服を書く

また、反対に、自分のつらい経験を書き、どう克服したのか、という点を見つめなおすという作業も有効であると言われています。例えば、試験の成績が悪かった時、失恋、仕事上の失敗などです。

こういった失敗は、人生においては必ず何度もありますが、あなたが、今この記事を(無事に)読んでいる以上、何らかの形で克服したり、場合によっては「なかったこと」や「受け入れたこと」にしたりしているでしょう。

だとすれば、必ず最悪の事態は脱却しているはずなのです。毎日のことや人生において、マイナスな点ばかりに目を向けないように、日々視点を保つということが重要なのです。

5.最後に

最後に、上記の方法は、ポジティブになる方法の一部に過ぎず、まだまだたくさんあるということを述べておきます。気になる方は、ぜひ調べてみてください。皆様が幸福を感じながら日々を過ごすことを願っております。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加