> 趣味・ライフスタイル > 人間関係には賞味期限が有る!人との関係に意味を付けましょう!

人間関係には賞味期限が有る!人との関係に意味を付けましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.24

2014y01m19d_174501318

人間関係には賞味期限があります。相手との関係性において、どちらかが成長すると話が合わなくなったり、考え方やステージが異なってしまうからです。それだからこそ人との繋がりを大切に考えましょう。

人間関係には賞味期限がある

昔はあんなに仲が良かったのに、いつしか疎遠になり、久しぶりに再会したら全く話が合わなかったという人はいませんか?昔はとても尊敬していたのに、久しぶりの再会で頼りなさや物足りなさを感じたりする事もあるかと思います。

これは、人間関係には賞味期限があるという事を表しています。

人間関係の賞味期限とは、例えば昔の職場の同僚が今では別な職場に移ったり、昔からの友達がお互い多忙で会えなかったりした場合、しばらく会っていない間にその成長スピードが違ったりすると、久しぶりに会っても物足りなさを感じたりするのです。

勿論、常に会っている人でも、少しずつ物足りなさや価値観の違いが出てくる場合もありますが、久しぶりの人ほど、その変化に気が付きやすいのです

もしも自分が成長していると自分の基準が高くなっているので、相手の基準と合わなくなって、物足りなくなってしまいます。同窓会などで久しぶりに会った人たちとの環境が楽しい人は、自分の基準が上がっていません。そこで物足りなさを感じる人は自分の基準が上がっているのです。

基準が変わってしまうと、段々疎遠になってしまいます。

人間関係には消費期限もある

人間関係は疎遠になってしまっていても、物足りないなりに時々は会うという人がいます。そういう人は、賞味期限は過ぎたけれども消費期限は過ぎていないという関係です。

もしも相手の基準が上がっていて自分の基準がそのままである場合などは、また賞味期限の中に入れるように自分の基準を高めなければなりません。逆に、相手の基準が低くて消費期限が切れそうな場合は、なるべく時間の無駄にならないように適度な距離感を保った方が良いのです。

賞味期限が切れない関係

しかし、賞味期限も消費期限も切れない関係があります。それはお互いがお互いを刺激しあって向上し続ける関係です。

この場合は一緒に成長出来る素晴らしい関係です。そういう人を沢山増やす事が自分の成長への近道ともいえるでしょう。

そして、人間関係には賞味期限があるという意識する事によって、今のご縁を大切に考えなければならないのかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加